「王の心 再臨飛翔の書」

 2017-06-10
富野由悠季の書いた「王の心」3部作の最終巻が、今回紹介する『王の心 再臨飛翔の書』。
カロッダの大地が人々のアウラ・エナジィの力で天空を目指して浮上し、宇宙を旅することを目指す様を描いた本作は、グラン王の一族が織り成す、血と策謀と死と性とに塗れた物語です。

地球から浮き上がって宇宙を目指す大地(≠舟)とオーガニックなエナジィという設定は、おそらくではありますが、『機動戦士Vガンダム』以後、精神的に少し病んで本作を執筆していた富野監督の、復帰作品であった『ブレンパワード』の原型となったのではないか、とも思えますね。
「アウラ・エナジィ」というのはつまり「オーラパワー」ですから、その辺は一連の「バイストン・ウェル」サーガにも連なる部分が無きにしも非ずですし、砂漠のように荒れた大地と空に浮かぶ島、という設定からは、同じく富野監督のオリジナル小説である『シーマ・シーマ』全3巻も思い出します。

ただし、これは別に、それぞれの話に歴史的な繋がりがあるとか、登場人物や物語がどこかで共有化されているとか、そういうことは意味していません。
あくまで、富野由悠季という1人のクリエイターの頭の中、アイディアやイメージの変遷というか、どういうことを考えているのか、ということが窺えて面白い、ということです。

一番悪い時には、自宅から出ることもできないくらいの鬱状態にあった富野監督。
そのメンタルをそのまま作品に封入するということは、さすがに彼もしていないのですが、とはいえ、書き手の精神状態から作品が完全に解き放たれるべくもなく、本作のそこかしこには、その鬱の気配が濃厚に漂っていて、それが個性というか、富野作品の中でも少々独特の空気を感じさせるものにもなっています。

描かれているのは人が生きるということ、その過程で生じる愚かしさや悲しさ、優しさ、美しさ、哀しさ、悪しき様や善き様、つまりは「業」とでもいうべきものであり、しかしそれを越えてみせれば生命は希望に至ることができるかもしれないということです。
それは富野由悠季の常なるテーマですが、それが特に際立ったいる、極みにあるのが、『王の心』という作品なのかもしれません。
その分、観念を文章で弄んでいる感があって、エンターテインメントになれずにいる部分もあるのですが、「文学」というものに憧れを抱いている富野監督にとっては、文筆業のところでこういう作品を描けたというのは、結構な達成感もあったのだろうなというのは、想像に難くありません。

多くの死を呑み込んでフローランドし、宇宙を往く船となった、未来のカロッダの地でのとあるシーンが語られるエピローグも、歴史になる、というのはこういうことだよな、と感じさせられて、しみじみとさせられました。
なるべく精神的にも肉低的にも元気な時に読むこと、という条件付きで、富野小説のキモの部分を濃厚に味わえるものとして、興味をちょっとでも覚えてもらった人には、是非ご一読をと、お勧めできる作品なのですが……。

何せ、平成8年の出版から既に20年以上が経過していますし、メジャーな作品でも無いので、モノは既に絶版。
今からだと、入手することも難しいかもしれません。

そういうものをここで採り上げるというのも酷い話かもしれませんが……非常に刺激的に、面白く読ませてもらったので、そういうところはこの際目をつぶって、紹介させていただきました。



タグ :

2017年6月9日は……

 2017-06-09
50回目の、「ロックの日」です。

とりあえず、多くは語りません。
生誕50周年、おめでとうございます!



タグ :

「メッセージ」

 2017-06-06
テッド・チャンの原作は、あんまり評判がいいもので却ってまだ読んでいないという、私の天邪鬼的な性格が出ている状態なわけですけれども、せめて映画くらいは観てみようかな、と思い、新宿でのTOHOシネマズで 『メッセージ』 を鑑賞してきました。
実は、色々と毎週末忙しかったりするので、あまり観に行くつもりは無かった、むしろ睡眠時間を確保したかったくらいなところがあったのですが、でも、まぁ、これは観ておいた方がいいんだろうな、と。
ちょっとストレスを溜め込んでしまうことがあったので、その発散というか、気晴らしというニュアンスもあります。
この 『メッセージ』 がストレス解消に向いた映画かどうか、は、ともかくとして。

ジャンル分けをするならば、この 『メッセージ』 は、いわゆるファーストコンタクトもののSF映画ということになるのでしょう。
とはいえ、基本的にはどんなジャンルであろうとも、それで面白さが左右されるわけではありません。
そこはあくまでも目安の1つと考えるべきでしょう。
つまり、肝心なのは、自分がその手の映画を好きか、嫌いか、です。

その基準だと、こういうSFテーマは私にとって好物の1つなので、つまり 『メッセージ』 は私向きの作品かもしれないと言えましょう。

そんな風に考えて観てみた 『メッセージ』 は、事前に聴いていた通りに地味ではありました。
それは、こういうファーストコンタクトものであれば、むしろ当たり前とも考えられるでしょうし、じんわりとくる面白さもあって良かったと思います。
一般受けと興行収入、ということを考えたならば、もっと分かりやすく視覚的なクライシスがあってもよさそうなものではありますけれども、それを選択していないというのも、好印象です。
最初に書いたように原作は未読なので、相違点の比較などはできないのですが……
なる程、色々な人が褒めているわけですね。

ちなみに、下のポスターの画像をクリックすると、例のコラボレーションが別画面で表示されます。
……こういう冗談、やろうとする方も、それを受け入れる方も、何だかいい感じですよね。



公式サイトはこちらから
タグ :

ハンマーシリーズ スポ-トゾーン・リンドルフ

 2017-06-05
自転車ロードレースの世界を管轄している団体は、UCI(Union Cycliste Internationale)です。
が、ここはそこまで全面的な権限を有しているわけではなく、実際にはツール・ド・フランスの主催者団体のASOやその他の団体と、権利関係やレース運営に関するあれこれを巡って、色々な駆け引きがこれまでもずっと行われ続けています。

そしてそして一方では、競技者である各チームの側も、運営費がスポンサー頼みであることから経済状況その他で急な撤退劇なども多く、安定したチーム運営が叶わないという現実もあります。
それ等を少しでも改善すべく、ツールを始めとするビッグレースの莫大な放映権料収入をチームや選手に還元するよう、チームサイドからは ASO や UCI への働きかけも行われているのですが……
その辺りの解決のめども、立っていないというのが、つまりこの競技を巡る一番大きな問題かもしれません。

それに対する大きなアクションが、今年発生。

そう、プロツアーチームを中心とする出資により設立された、ヴェロン社主催の新たなるレースイベント、ハンマーシリーズの第一戦目が、オランダを舞台に、2日から4日にかけての3日間で行われたのです。

TVでの放映や観客の利便性なども考慮され、従来のロードレースとはちょっと違うシステムで2時間程度で終わる短いレースを3種類行い、その総合的な結果で優勝チームを決めるというのが、このハンマーシリーズ。
今回の「スポートゾーン・リンドルフ」については、J-Sports が初戦の平坦ポイントレース、第2戦の山岳ポイントレース、それを受けての最終日のチームタイムトライアルの全てを中継放送。
ただし、この最終日のチームTTは、いつも私たちが見慣れているチームTTと違い、前日までの2戦の順位を受けて与えられたタイム差に従って、各チームが順次走り出し、追いつ追われつの闘いを繰り広げて、どのチームが最初にゴールラインを切るかを競い合う、というルール。
私としても初めて見る形式のレースですから、果たしてどんなものだろうと思っていたのですけれども、これが、かなり熱くて面白い。
プロフェッショナルのプロフェッショナルな走りをしっかり堪能することができるという意味でも、これはなかなかに興味深くて良い大会でした。
普段のロードとは違うルールがあることで、選手達の走りもまた、いつもとは違っていて、そこも大きな見どころになっていましたしね。


それが人気スポーツであればあるだけ、そこに所属している各チームの側と管理運営している競技団体との間には、とかく利益の分配を巡って衝突が起きるものですが、自転車ロードレースのこの問題が今後、どのような動きでどのような方向に進むのか、上手い着地点を見つけてほしいなと思います。
こちらとしては、推移を見守るしかないわけで、この辺りはもどかしく辛いところですね。




<公式サイトはこちらから>
タグ :

ドーフィネが始まります

 2017-06-04
自転車ロードレースの年間スケジュールの中で、知名度や規模などだけを考えても間違いなく一番大きな大会であると言えるのが、ツール・ド・フランス。

当然ですが、ここで活躍しようと思っている選手は、いきなり何の準備も無しに挑みはしません。
本番に向けた厳しいトレーニングはもちろんのこと、レース勘を損なわぬようツールに向けた調整レースを、エース格の選手などはそれこそシーズンの始めからしっかりしたスケジューリングの元に走ってきています。

そんな調整レースの中で、本番直前に出場する最後の仕上げとして有名なものの1つが、6月4日から11日にかけて、フランスの南東部で開催される約1週間のステージレース、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ。

今年もこのレースは J-Sports が毎ステージ中継放送してくれることになっていますので、当然、私もそれをしっかりと観戦する予定です。
ここでの成績がそのまま即ちツールの成績、というわけではもちろんありません。
しかしながら、それぞれのコンディショニングの仕上がり具合などなど、本番であるツールがどうなるかを占う要素は色々とあります。
ですので、今年はどんな選手が、どんな走りを見せるか、やはり楽しみになる気持ちは止められません。

何かと抱えている仕事その他も多いので観戦に専念できないのは辛いのですが……
まあ、それは仕方がないところですよね。
社会人っていうのは、そういうものですから。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫