ジャパンカップ クリテリウム 2017

 2017-10-23
栃木県の宇都宮市で毎年この時期に行われているのが、日本でも有数のビッグレースの1つである、ジャパンカップ。
今年も、先の週末、21日、22日に開催されました。
全部で2日ある日程の初日は、宇都宮市内の目抜き通りに交通規制をして、多くの観客が簡単に観戦できる環境でのクリテリウムレースが行われます。

毎年書いているので今さらと思うかもしれませんが、「クリテリウム」とは何だという人がいらっしゃるかもしれないので簡単に説明をさせていただくと、要するに一周が数キロメートルという短い距離で設定されたコースを使った、周回レースになります。
この大会のコースは1周が2.25キロメートル。
2周のパレードランを含めると、そこを全部で17周するので、総距離は38.25キロという計算になりますね。

何といっても、9月のブエルタ・ア・エスパーニャで現役を引退したアルベルト・コンタドールが、この今年のこのレースにはゲストで参加しているというのが一番の話題です。
彼は小柄なクライマーでスプリンターではないですから、このレースで結果を出そうとしての参加というわけではありませんが、コンタドールは日本にもファンが多い選手であり、今回の出場はそんなファンへの挨拶という意味もあってのことでしょうから、それはそれです。
それに、トレック・セガフレードの一員としての参加ということは、クリテリウムの3連覇を狙っている別府史之のアシストをコンタドールがするということにもなるわけで、それは、かなり興奮させられます。

さて、生憎の雨の中、滑りやすい路面で行われたレースは、最終スプリント直前で起きた落車で集団が割れる展開に。
そこを上手く抜け出してリードすることができた、NIPPOヴィーニファンティーニのエース、マルコ・カノラがロングスプリントを成功させて優勝となりました。

別府史之は、落車の影響で勝負に絡むことはできませんでしたが、レースを通じて終始集団のコントロールをしていたトレック・セガフレードの、その先頭をコンタドールが引いている姿などを見ることができたのは、嬉しかったですね。
土日は毎週、色々と用事が入ってしまっている状態なので、今年も生で観戦しに行くことはできませんでしたが……
いいレースだった、と言えるのではないでしょうか。


公式サイトはこちらから

カテゴリ :自転車レース トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

期日前投票

 2017-10-22
本日は何かと用事が入っている為、昨日の朝に目が覚めたところで、期日前投票をしに市役所まで行ってきました。
「朝イチ」といっても、何気に前日までの疲れが蓄積していたので、起きたのが10時くらいだったから、そんなに朝早くというわけではないのですが。

アパートから市役所までは徒歩で10分くらい。
雨も降っていますから、ゆっくり、のんびりと歩いて到着してみたら、そこには結構な列ができていました。
実は期日前投票に行ったのは今回が生まれて初めてだったので、大体こういうものなのかなぁと一瞬思ってしまったのですが、考えてみれば、これは、投票日当日が台風の接近してくることが予想されるということで、それを避けて期日前投票をしようと考えた人が多かったというのが、真実でしょう。

結果、到着から実際に投票をするまで、30分位列に並ぶことになったのですが……
表に出てみると、私が到着した時には庁舎内の階段で終わっていた行列が、そのまま庁舎を飛び出して、さらに数100メートル伸びていました。

ある程度の台数が収容できるはずの駐車場も、すっかりそのキャパを溢れてしまい、表の道には、期日前投票をしに来た乗用車が長蛇の列を作っていました。
つまり、「期日前投票渋滞」とでも言うべき光景が、そこに生まれていたわけですね。

そこまで有権者意識が高いのか!!
と思いつつも、気になるのは、やはりそこに集まってきた人たちの平均年齢。
今回の選挙は、18歳選挙権が実現されているわけですけれども、さすがに、台風を気にした期日前投票には、さすがにそういう年齢層は来ていませんでした。
これで、雨風が強まってくるであろう明日に、そういう人らが投票に来るかどうか。

今回の選挙、投票率と年齢構成はどうなったのか、興味深いところです。


タグ :

「黄昏のブッシャリオン」

 2017-10-21
光背を背負った仏像の形をしている巨大なロボットが格闘技的な構えをしている表紙からして、どこからどう見てもネタ小説のような見かけをしているのが、碌星らせん の『黄昏のブッシャリオン』。

本作の始まるのは未来の関東、おそらくは現在の東京西部、、立川辺りです。
石油等の化石燃料、あるいは原子力、太陽光や風力等の自然エネルギー、そういった物理的なものに頼るのではなく、人の精神の力、その中でも人の「善行」を源とし、衆生が功徳を重ねることでその獲得エネルギーが増加していく「徳エネルギー」が発見された。
さらに、高められた徳の力がマニ車を回すことで永久的にエネルギーを得ることができる機関、徳エネルギーを通常の動力に変換するマニタービン(あるいは徳ジェネレーター)が発明されたことで、そんな無尽蔵の永久機関の開発によるエネルギー革命で平和に包まれた黄金期を迎えながらも、その理想社会を「徳カリプス」と呼ばれる大災害が襲い、人類社会が崩壊してしまう事態になった、というのが本作の基本設定です。

「徳カリプス」、それを少し具体的に説明するならば……
余りに大量の徳がポテンシャルとして蓄積されたことが原因なのか、予想されざる徳雪崩が起きて人々に強制成仏、連鎖的集団解脱現象が発生してしまっというものになります。
そのような黄昏の時代では、本来は人類へ奉仕し、その最大幸福を求めるべく作られた機械知性達が、人の幸福は功徳を高めて解脱することにあるという判断のもとに人々を強制解脱させようと襲ってくるようになっています。
この、荒廃した世界を舞台に、物語が始まります。

以上のような、悪ノリと冗談で作られたとしか思えないような設定の上で描かれるストーリーは、しかし、実はかなりハードでシリアスなディストピアSFだったりするところが、本作のいいところではないでしょうか。
「サイバーパンク」、「スチームパンク」というのは、それぞれSFのジャンルの1つですが、作者は本作について、「徳パンク」を自称しています。
採掘屋たるガンジーとクウカイの2人が、徳エネルギーを求める採掘活動の中で、肉体を舎利バネスティックによって強化した女性、舎利ボーグのノイラ等と出会う、何気に深いテーマを内包した物語は、この1冊ではまだまだ序盤もいいところまでで終わり。
ここから彼ら、彼女らがどうなっていくのか、大いにわくわくさせられてしまいました。と、いったところで、引き続き続巻が出ることを期待しつつ、今回の紹介文はこれまでとしておきましょう。
基本設定の特異さばかり説明している気がしないでもないものの、そこに興味を抱いて本作に手を出してみようと考える人が増えるのであれば、それはそれでいいかな、と。
実際に読んでもらえれば、本作のガチさは伝わると思いますし。



タグ :

今期開始アニメ 雑感 その2

 2017-10-19
今期開始アニメの雑感、その第2弾です。
今期はなかなかに良さそうなタイトルが多くて、フォローして行くことが大変になりそうだと考えるとちょっと困ってしまうのですが、まぁ、それは嬉しい悲鳴というものですね。

1) 宝石の国

以前から原作は気になっていたものの、何となく、一度も読んだことのないままに来てしまっていたので、今回のアニメ化は、『宝石の国』という物語を知るには、いいチャンスなのかなと思って、第1話を録画していました。
それを観ていて思ったのですが、この作品、全体的な雰囲気からそこはかとなく萩尾望都の空気を感じるような……
私の勘違いかも知れませんし、あるいは本当に原作者か主要スタッフの誰かがファンなのかもしれませんけれど、ともあれ、わりと最初の辺りでそのように感じてからは、何だかそういう風にしか思えなくなった、というのは、本筋とは関係ないかもしれませんけれど、本作の第1話について私が一番強く印象に残っていること。
CGの使い方は、前回紹介した 「Infini-T Force」 に比べると、しっくり来ていた、かな。
物語的には、まだ何がどうなるのか分からないので、しばらく視聴継続のつもりです。

2) 魔法使いの嫁

EDが、小峰公子作詞、吉良知彦作曲、吉良知彦・上野洋子編曲という楽曲だった、ということが、まず一番のトピック。
その上で、このアニメ化なのですけれども、原作の持っている静謐でダークな雰囲気を、上手く映像に落とし込めているのではないかと思いました。
これは、制作サイドもかなり気合が入っていますね。
作画にしろ演出にしろ、やり過ぎるくらいに丁寧にやらないと、すぐに折角もともと物語が持っている雰囲気を台無しにしてしまいかねないわけですが、そういう意味でも、このままのテイストで、最後まで作りきってほしいものです。
2クールの放送だというのは、じっくりと描くことができるだろうという点では良いのですが、それが制作サイドに負担になってクオリティーが落ちてしまうのだけは避けて欲しいので、ちょっと戦々恐々としながら、毎週の放送を追いかけていきたいと思います。

3) クジラの子らは砂上に歌う

こちらも、非常に美しい美術で魅せてくれる第1話でした。
物語の方は、この段階ではまだ何がどうなるのか分からないのでコメントしにくいところですが……
まぁ、色々とこの手の作品のお約束をきっちりと守ったモノになりそうで、鉄板である、ベタであることは悪いことではないですし、このビジュアルでそれを徹底してくれるのであれば、なかなかの作品となってくれそうだなと思っています。
原作マンガはそれなりに人気もあるようですし、それが裏切られることは無い、と思います。きっと、多分。
ただ、原作が終わっていないという、最近の原作モノアニメによくあるパターンを踏襲していますから、きっと、物語は中途半端なところで終わってしまうのだろうなと思うと、それは何だかなぁ、という気分にもなってしまうのは否めません。
そこをあまり気にせずに、とりあえず画を楽しんでいればいいのかもしれませんけど。

タグ :

今期開始アニメ 雑感 その1

 2017-10-18
番組改編期のお約束として、ここまでで視聴した新番組の第1話について、その感想を、いつものように簡単に記してみようと思います。
そしてこれもいつもと同様に、その掲載順は、Blu-ray レコーダーに録画していたものを私が観た順番に過ぎず、そこにとりたてて他意はない、ということは、お断りしておきます。

1) Infini-T Force

ひところに比べると、フルCGアニメに対する拒否感は今ではほぼ無くなったかなと思っているのですが、本作については、特に戦闘シーン以外の部分で色々と違和感を多く覚えてしまいました。
特に本作の場合は、キャラクターの投信と動きと表情と、その全てが、アニメーションとして捉えるには、ちょっと微妙に「こういうのは求めていないな」と感じられてしまい、もちろん人によって感じ方はそれぞれでありましょうが、私にとっては、何とも居心地の悪い印象は拭い去れなかったというところです。
あと、ヒロインの家の設定……スクランブル交差点の横切り方からすると、渋谷区の南平台辺りの高級住宅地辺りをイメージしているのかもしれませんが、いくらなんでも、あんな部屋、テラスはあり得ないでしょう。
そういうところにケチをつけるのは野暮かもしれませんけれど、あれはさすがに、あり得なさすぎです。

2) 十二大戦

典型的なバトルロワイアルものですよね。
ミュータントじみた外見とか、なんで快楽殺人者みたいな奴ばかりなのかとか、そういうところを気にしたら負け、というタイプの作品でしょう。
1クールものでしょうし、勢いで突っ走りきれればそれでいい、という考え方が正解なような気がします。
その方向性であれば、どれだけぶっ飛んだモノを作るかで勝負が左右されるようなところも出てきますから、まずはお手並み拝見という感じで、しばらくは視聴を続けます。

3) Just Because!

青春アニメ枠の新作として、なかなか期待できそうな導入部でした。
自分が過去に実際に送った高校生活と比べると何だか悲しくなってきてしまいそうですが、それはさておき、キャラの配置も悪くないですし、出だしとしては実にいい感じだったのではないでしょうか。
こういう作品に私が期待するのは、爽やかさとか、もどかしさとか、むずむず来る小っ恥ずかしさとか、ちょっとしたドキドキとか、胸を締め付けられるような感じとか、そういった感情を持たせてくれるような展開なのですけれど、その辺、本作はしっかりと堪能させてくれそうです。
いかにもアニメです、というような設定もありますが、基本的に、落ち着いた感じの、淡々としたトーンで進められていたのも、好印象でした。
放送開始アニメの一覧を観ながら、どれをチェックしようかと検討していた時に想像していたレベルの数倍、いい感じにできていた1話でしたので、これは化けてくれるのではないかと、楽しみにしています。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫