「魔導の系譜」

 2017-03-25
第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作であるという、佐藤さくら の『魔導の系譜』を読了。

本作、この賞の審査員の1人だったらしい三村美衣の解説文によると、主に異世界を紙面に幻出させる表現力という点でふさわしくないという意見もあったのを、そこを全面的に改稿するという条件を付しての受賞となったのだそう。
つまり、そうして手を入れた後に出版されたのが、つまり本書ということになるわけですが……
投稿版は当然読むこともできないので、その辺りがどのように変わったのか、というようなことは分からないながら、とりあえず、この発売版では特にそこで気になるようなことはありませんでした。
そこは、作家本人と担当編集とが頑張った結果ということでしょう。

魔導士が虐げられている国で、絶対的な知識を誇りながらも、根本的な実力不足により三流の烙印を押されて田舎で私塾を開いている魔導士レオン。
そんな彼の元に、被差別民族の出身で幼い頃に野盗に家族を殺されて、潜在能力は桁違いながらも魔導を学ぶことを拒み続けてきた少年ザクスが預けられることから物語は始まります。
端的に言えば、いかにも東京創元社から出された作品という感じの、渋い王道ファンタジーですね。
ライト要素は、ほぼ無いので、本格ファンタジーが好きな人でなければ手に取りにくいだろうなとは思いますが、そこそこ、楽しませてもらいました。

活字が小さい上に全470ページというボリュームで腰が引ける人もいるでしょう。
とはいえ、読み応えがあると同時に、最初から最後まで一気に読ませる程度の魅力はあるので、そこは安心して手に取ってみてください。

ただ、あらかじめ言っておきますが、本作は終わり方にちょっと難ありです。
破綻しているとか、物語としてどうかしているとか、そういうことではないのですけれども、正直「えっ、そこで終わり?」と感じてしまうのは否めません。
まぁ、作品のテーマはあくまでもレオンとゼクスの師弟関係にあるのだから、そこが描けていればいい、とするのであれば、これはこれで問題無しなのですが……
個人的には、そうだとしても、もう少し色々と描写をしておいてほしかったと感じました。

幸いにもこの第1作がそれなりに講評だったようで、シリーズ第2巻が既に発売されていますから、そちらを読めば、この不満は多少、解消されるのかな?



タグ :

ドワーズ・ドール・フラーンデレン 2017

 2017-03-23
DAZN の1ヶ月無料お試し期間の申し込みをして、ミラノ~サンレモを視聴したという話を、以前に書きました。
日本語の実況が無いから、画面に集中していないとレース展開が分かり辛い、というようなマイナス面はあるものの、当初に予想していたよりはいい感じに視聴できたことは、ある種、収穫だったかもしれません。
ただし、視聴者数がグッと増えそうな、ジロ・デ・イタリアの時にも、処理落ちやフリーズすることなく、無事にスムースな視聴ができるかどうかは、まだ分かりませんけれど。

そんな DAZN 視聴をしてみて、J-Sports の中継だけを観ていた昨年までと違って、これはいいかもな、と感じたのは、これまで映像を観たことが無かったレースについても、生配信でレースの様子を観られることです。
例えば今週は夜にボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャの中継が行われていて、クリス・フルームやアルベルト・コンタドール、アレハンドロ・バルベルデの走りを確認することができます。
そして、もちろん、ステージレースだけが自転車ロードレースではありません。

そんなわけで、ついさっきまで、北のクラシックの前哨戦の1つとして、毎年、名前だけは聞いていた ドワーズ・ドール・フラーンデレン をネット観戦。
フランドル地方を舞台にしているので、石畳のパヴェや劇坂の丘陵が出てくるこのレース。
それだけに、見どころも多かったと言えるでしょう。
やっぱり北のクラシックは、こうでなければいけないですよね。

今回私が一番注目していたのは、やはり地元ベルギーの個性派集団、クイックステップ・フロアーズがこのレースで優勝を獲得することができるかどうか。
昨年も多くの勝利を叩き出していた同チームですが、年間スケジュール上、かなりの重きを置いているはずの春先の北のクラシックシーズンでは、レースの形を作って主導権を得ていながらも、ことごとく優勝を逃してしまっていましたから、今年こそは勝利を、と思っているはずだからです。

そんなレースを制したのは、見事、クイックステップ・フロアーズのイヴ・ランパート。
レース後半で終始積極的な攻めを見せていた同僚のフィリップ・ジルベール、そして他チームの2名の選手を加えた4名が集団から最終的に抜け出すことに成功し、そしてジルベールがそこから更にアタックを繰り返して他の2名が警戒している隙をついて、ランパートがアタック。
ジルベールを警戒して2名の反応が遅れたのを利用してぐんぐんと差を広げ、そのまま、逃げ切りでゴールラインに飛び込みました。
ちなみに、残りの3名のスプリントを制して2位に入ったのは、ジルベール。
クイックステップ・フロアーズは、このレース、ワンツーフィニッシュを達成したことになります。

これは、あれですね。
これから続く北のクラシックにおいて、同チームに、いい弾みが付きましたね。
そこを引退レースと決めているパリ~ルーベでのトム・ボーネンの走りも、これなら結構期待できるかも?


公式サイトはこちらから
タグ :

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」

 2017-03-21
高校時代からの、一番仲の良い友人と、神山健治監督の、オリジナルとして初めての劇場作品という 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 を観てきました。
誘ったのは私の方で、仕事の年間最繁忙期も何とか切り抜けて、4月からは新しい展開も色々と控えている中での、貴重な息抜きとしてこいつを観てみたいなと、そしてどうせならば友人と久しぶりの話もしたいなと、そんなことを思ったのです。

前置きはそれくらいにして、本題に入りましょう。
まず、全体的な感想を簡潔に述べさせていただくならば、「良い映画ではあるんだけど……」という感じに尽きます。
そこにある物語の本筋をすんなりと語ってしまえば結構地味なものを、夢の世界と現実とを交錯させて描くことで、アニメーション的見せ場を持たせると同時に深みを増そうというのは、なかなかチャレンジ感あふれる手法で良かったですし、テーマも私好みだったのですが、現実と夢の世界との入れ子構造の見せ方と、序盤のテンポの悪さが、どうしても気になってしまって、仕方が無かった、というところ。
一方で、プラス評価の点を挙げるならば、作画もキャラの動きも良かったですし、主題歌に 「デイ・ドリーム・ビリーバー」(THE MONKEYS の原曲ではなくて、ザ・タイマーズがカバーした、忌野清志郎による歌詞の日本語版の方) を選んだのも、物語の内容と歌詞がリンクしていて、実に良かったです。高畑充希の歌も、実に上手いですしね。
それだけに、もう1つ、何かが足りない、もうちょっと練り込みがあれば、というようなことを感じずにおれなかったのが、非常に残念でした。

最後、ハーツがどうしてあそこに現れたのか。
「自宅」の設定の故なのか、あるいは、魔法により心を得たのか、それは語られていませんが、まぁ、その辺は、観た人それぞれが自由に想像してほしいということなのでしょう。
エンドロールの映像と、そこに流れる「デイ・ドリーム・ビリーバー」が最高だったので、それだけで全てがOKだと思いたくなったりもした、そんな、魅力溢れる、けれども私にはどこか微妙な、そんな作品でした。

この歌詞を、別れた恋人にあてたものだという人が多い中、私は個人的には、「別れ」は「別れ」でも、これは死別した恋人……というか、少なくとも結婚生活が10年以上に及んだ妻を亡くして、さらにそこから数年以上が経過した夫が、かつての妻との生活の思い出を振り返っている歌だ、というように思っていました。
だから、忌野清志郎が歌詞を書くにあたって念頭にあったのが、その頃に亡くなった育ての母と、彼が3歳の時に亡くなっていて一切記憶に残っていない実の母のことだということを知った時には、ものすごく納得してしまった、というのは、『ひるね姫』 の感想としては蛇足もいいところの、あまり関係のない話ではあるのですけれども、上述のように、この歌詞が、この映画の内容ともかなりリンクしているということもあるので、ここに掲載させてもらいます。

普段、映画の紹介をする時には、その作品の予告編の動画を貼るようにしているのですが、今回は、そんなわけで、映画の映像を使った 「デイ・ドリーム・ビリーバー」 のPVを貼らせていただきます。
ご堪能ください。



公式サイトは こちら から

タグ :

ミラノ~サンレモ は DAZN が放映権取得

 2017-03-19
私の好きなスポーツ、自転車ロードレース。
日本では J-Sports が中心になって主だったレースを毎年放送してくれていたのですが、ホームページで発表されるその放送予定に、今年は大きな異変がありました。
何と、いわゆる「春のクラシック」の大部分と、5月のジロ・デ・イタリアがそこに掲載されていないのです。
興味の無い人には「ふーん、それで?」という感じでしょうが、同競技の中継が見たいが為に J-Sports の有料チャンネルまで契約した私には、これは大きな問題。
まぁ、放映権料も年々値上がりしていると聞きますし、残念だけど、その辺は難しいところもあるのかな、でもミラノ~サンレモも、ツール・ド・フランドルも、今年が100周年のジロも観れないのは悔しいな、ネット配信とかどこかでやっていないのかな、と思ってちょっとググって調べてみたら……。
その辺りのレースの放映権は、今年は DAZN にあるんですね。
J-Sports が DAZN から放送権のサブライセンスを取得する道を模索したかどうかは分からないのですが、スカパーも、Jリーグ に関してサブライセンスは取得できなかったようですし、サブライセンス契約は基本的に交わさない、というのが、DAZNの方針なのかもしれません。
ということは、この先、急に J-Sports でもフランドルやジロの放送が発表されるという可能性は、低い、かなぁ。

DAZN、ちょっと前に Jリーグ の放映権取得がニュースになっていましたし、今は NTT Docomo とのパック料金プランが TVCM をかなり多く流しているので(堤真一が「だぞ~ん」とやっていますよね)ご存知の方も多いことでしょう。
そこに手を出してしまうと歯止めがかからなくなって時間をエラく取られてしまうことになりかねない、という懸念から、これまでスポーツにしろアニメにしろそれ以外の何かにしろ、ネット配信というものとの接点を作ることは極力避けてきたのですが、事がこうなってしまっては、もう仕方がありません。
まずは1ヶ月の無料期間を利用して、どんな感じの放送になるのか、月額視聴料を支払うに値するだけのものなのかを確かめようと、とりあえず、日本時間では土曜の夜の、ミラノ~サンレモ を、試しに観てみました。

再生環境は、PCが VAIO の S11(LTE搭載モデル)、光回線で、プラウザは、事前にネットで観た限りだと、Microsoft Edge が固まりにくくていい、という話だったので、普段使っているプラウザではないのですが、それを利用。
画質も、思っていたよりは良かったですし、当然、CMは無しで、処理落ちなども今回の ミラノ~サンレモ ではありませんでした。
まぁ、この辺は、これからジロにかけて、DZN で自転車ロードレースを見ようという契約者が増えていけば増えるだけ、状況が変わって行ってしまうでしょうから、何とも言えない部分が多いのですけれども、ともあれ、現時点では、ここにとりたてて不満はありません。
ただ、日本語による実況と解説が無いのが、やはり残念(英語解説は、一応、流れていましたが)。
私のように、やらなければいけないことを大量に抱えている為に、どうしても片手間的にレースを視聴しがちな身にとっては、音声で耳から情報が入ってくる実況というのは、実は、とても大事なものだったので。
遠目で選手がわかるスキルも、持っていませんしね。
その辺が解決されるかどうかは、うーん、どうでしょう、自転車ロードレースに関しては、そこまで期待できないような気もしますね。
あと、個人的には、配信をしくれるなら、やっぱりきちんと表彰式までやってほしい。
選手たちが、そこでどんな表情を見せるのか、というの、結構、楽しみだったんですよね。
これについては、改善の余地はありそうですが、それを望む人がどれくらいいるか、ということ次第では、あるでしょう。
とりあえず、要望を出しておこうかな……?


DAZN についての話が、長くなりました。
実際のレースの結果についても、触れておきましょう。

総走行距離が291キロメートルにもなる最長レースは、ゴール直前の峠ポッジオでパンチャー等がアタックを決めての逃げ切り勝利か、ゴールでのスプリント合戦となる傾向が強めだったと記憶していますが、今回は、前者のパターン。
ポッジオの頂上手前でアタックを仕掛けたボーラ=ハウスグローエの現世界チャンピオン、ピーター・サガンを追ったのは、クイックステップ・フロアーズのジュリアン・アラフィリップと、チームスカイの元世界チャンピオン、ミカル・クウィアトコウスキー。
3人とも、私の好きな選手です。
後ろから迫る集団を振り切っての3人スプリントを制したのは、クウィアトコウスキー。
正直、展開的には、サガンが他の2人を突き放すか、最後はずっと最後尾に付けてタイミングを狙っていたアラフィリップかと思ったのですが、勝ったのは、そのどちらでもありませんでした。

そうかぁ、クウィアトコウスキーかぁ。
アムステルゴールドレースで勝ったりはしていたものの、彼の名前がメディアに登りだしたころに期待した程には、ここまでの数シーズンで結果を出せていないというような印象がありましたけれど、前哨戦の1つであるストラーデ・ビアンケも勝っていたようですし、シーズン最初のピークを、上手くここに持ってこれたんでしょうね。
北のクラシックには、彼は出てくるのかな?


公式サイトはこちらから

タグ :

「波の手紙が響くとき」

 2017-03-18
以前紹介した 『筐底のエルピス』 が非常に面白かったので、これは作者の別作品も読んでみなければなるまいと買ってみた オキシタケヒコの 『波の手紙が響くとき』 が、今回紹介する、読了本。

オーディオルームの設計やメンテナンスを主要業務とする武佐音響研究所に持ち込まれる様々な依頼を、天使の声帯を持つ所長の佐敷裕一郎、口の悪い音響技術者の武藤富士伸、雑用係の鍋島カリンという3人の所員が音響的な知識や技術を駆使して解決して行く物語で、短編・中編合わせて全部で4つの章からなっています。
この内、第1章はSFというよりもミステリーという印象の強い話で、なんでこれが「ハヤカワSFシリーズ Jコレクション」というレーベルから出ているのかと首をひねったりもしたのですけれども、その後、物語を読み進めて行くにつれ、なる程、これは確かにSFであるな、と納得させられました。
登場してくるキャラクターが多少ステレオタイプに見えるのがちょっと気になるところですし、今一つキャラ立てできていないところもあるのですが、概して、いい感じの関係が描かれていたと思います。

私は少々度をこした音楽好きでコレクターですが、それだけに、音楽が(更に言えば「音」が)人に及ぼす影響というものは常々実感しています。
自分でも、テンションを上げる為にはこういう音楽、落ち着いた気分で疲れを抜きたいならこういう音楽、というような、いわばお約束になっている、定番のミュージシャンや楽曲もあります。
ですので、本作の後半の展開は、フィクションはフィクションとして、あながち無茶苦茶な展開でも無いな、という、リアリティーを感じさせるようなものだと私は受け止めました。
そういうところが、SF的であり、本作の面白かったところです。

音楽が人の感情に働きかけるモノが大であるならば、「いずくんぞ〇〇に対してをや」ということですよね。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫