×事故 〇事件

 2017-12-19
割と毎日の習慣となってきているのですが、朝起きてすぐに、テレビのデータ放送で、その日の天気を確認しています。
雨が降る、降らない、最高気温と最低気温はどれくらいになるのか、等を見て、「備えあれば憂いなし」精神で常にカバンに忍ばせている折り畳み傘で済ませるのか、それともしっかりとした傘を持っていくべきなのか、どれくらいの服装をしていくべきか、寒さ対策が必要か否か、等をチェックしているのです。

そんな中、先日の朝、TVの電源を入れてすぐに画面に映し出されたのは、何やら高校生と思われるセーラー服の女子が、体育館のステージで演劇を発表している姿でした。
ちなみに番組は、NHKの朝のニュース。
途中から見ることになったので詳細は不明なのですが、どうやら、演劇部あたりがやった、いじめ自殺をテーマにした演劇のようで、それを生徒の前で演じて、いじめ問題について改めて考えてもらおう、ということのようです。

趣旨には頷けなくはないですし、画面には女生徒による迫真の、泣き崩れる演技が映し出されていて、インパクトもあったから、このニュースを見た一般の人への訴求力もあるでしょうから、それは、まぁ、いいのですが……
私が気になったのは、その後に移された、劇を見た男子生徒の感想。
こんな感じの内容でした。

「いじめのせいで生徒の命が失われてしまう。そういう事故が無いようにしていきたい」

言っていること自体は、良く言えば立派で、悪く言えば当たり障りが無く、まぁそういう演劇を見た後にNHKにインタビューされれば、そう答えるしか無いよね、という感じです。
私が引っかかったのは、赤字で強調した部分。
今回の「雑記」のタイトルにもしたから、もうお判りでしょうけれども、これ、「事故」ではなくて、「事件」ですよね。
あの男子生徒がどこまで自覚的に「事故」という単語を使ったのかは分かりませんけれど、いじめ を苦にした自殺を「事故」と言っている限り、根本的なところで問題は解決しないのではないか、と、そんなことを思います。

立件するのかしないのか、ということはあるにせよ、いじめ自殺 は、もう間違いなく「事件」ですよね。
法律用語的な扱いは、ともかくとして。

タグ :

2017年の10冊/10枚

 2017-12-16

今週は、先週の2016年に対する、2017年の「10冊と10枚」です。
いつも書いているように、これは、今年「本館」で紹介してきた書籍・CDの中から、これぞ、というものをそれぞれ10ずつを年間のベストとして選んだもの。
特に今年発売には限っていないので、そこはご了承ください。
複数巻で完結した作品の場合は、原則的にその最終巻のものを掲載する、という方針にしています。

今年は、こんな感じになりました。

<2017年の10冊>


<2017年の10枚>


タグ :

「北」?

 2017-12-13
2017年の「今年の漢字」が「北」になったと発表されてましたね。

毎年、この「今年の漢字」に関しては、何だかしっくりこない印象が付きまとうなと思いつつ、他の候補も見てみたのですが……
これ、どれを選んでも、どっちもどっち、という感じですね。
昔からこんなだったかなぁと思って過去のものを振り返ってみました。

とりあえず、ここ10年で行くと、2016年が「金」で2015年が「安」、以下、2014年「税」、2013年「輪」、2012年「金」、2011年「絆」、2010年「暑」、2009年「新」、2008年「変」、2007年「偽」となってます。
うーん、ピンとこない。
ちなみに、今年の漢字の開始は1995年だそうで、そんなころだったっけ、と感じつつ、でも、漢字検定が話題になりだしたのもそれくらいだとすれば、そこについては納得できるかな、というところ。
今年の漢字についてはそんなことが無くても、その部分は、何となくしっくりきました。

これを主宰している日本漢字能力検定協会のことは、まぁ、資金の私的流用とその後のアレコレとか、色々ありましたから、その辺りへの拒否感とか、意識しないところで、そういうのもあるのかな?
タグ :

来年は2月16日らしいですね

 2017-12-11
先日、友人に水道橋の餃子の王将で餃子食べ放題をやろうじゃないかと誘われたので、待ち合わせの上、忘年会的なものとして10人ほどで水道橋店に行ってきました。
下の画像が、その食べ放題の内容を示すポスターです。

見てもらえば分かるように大皿料理5皿付きというのがこの「宴会セット」のミソ。
ここをクリアしないと、その先の餃子食べ放題には到達できないというようなシステムになっています。
唐揚げとか、棒棒鶏とか、そういう一品料理が、大皿で5つ出てくるのです。
なので、朝食や昼食を抜けとまではさすがに言いませんけれども、なるべく空腹にした状態で、このセットには挑むべきでしょう。
特に、堅焼きそばというか皿うどんというか、メニュー上は「揚げそば」となっているものが、大きな関門となっていて、これは食べるとかなり腹に溜まるのです。

その山を乗り越えた後、この日に私が餃子をいくつ食べたのか。
途中で数をカウントするのをやめてしまったので、最終的にどれだけの量が胃に入ったのかは不明なのですが……
せっかくの(?)食べ放題なのだからということで、とりあえず食べられるだけ食べてしまおうと頑張った結果、おそらく、30は食べたのではないかと思われます。
結果、当日の夜だけではなくて翌日もおおよそ19時くらいまで、すっかり胃もたれ等が酷くて全体的に調子が悪いままでした。

育ち盛りの中学時代などは1回で50個くらい食べても、すぐに消化しきってしまって全然平気だったものですが、さすがに年齢を重ねてた今は、無理なようです。
餃子は美味しかったですし、もし興味があるという方は、お近くの店舗でもこの食べ放題セットが存在するかどうか、挑戦する前提で調べてみるのもいいかもしれませんよ。

ちなみに、今回のタイトルにしている2018年2月16日は「餃子の日」。
中国で一番餃子が消化されるのが旧正月(春節)ということで、日本でもその日を「餃子の日」としているらしいのですが、そんなわけなので、これは毎年、日付が異なります。
来年の2月16日になっても、特に餃子を食べようという気にはなっていない可能性は大ですが、とりあえず、雑学の1つとして覚えておくとします。



タグ :

今週は、読了本紹介は無しです

 2017-12-09
毎週土曜日には、「本館」の更新に合わせて、翌週に紹介予定の読了本から1冊を先行紹介する。
それを、この「別館」におけるマイルールとしています。
けれども、今週は、本の紹介はありません。

と、いうのも、来週は、これも私の中での毎年のマイルールとしている、その年に読んだ本、買ったCDから、それぞれ特に気に入った10冊/10枚をセレクトする、という、雑誌などでよくあるアレな企画をやる予定だからです。
なので、来週「本館」で新しく紹介する読了本は存在せず、結果、この「別館」での先行紹介もない、ということになるわけです。

が、それでは私自身も面白くないので、今回は、昨年を振り返るということで、2016年12月17日に紹介した、「2016年の10冊と10枚」を、この場で再び紹介することにします。
そういえば、こんな感じでしたっけね、去年は。
これが今年の場合はどうなっているのかは、来週土曜の更新を見てのお楽しみ、ということにさせてください。
別に楽しみになんかしていないよ、と言われてしまえば、それまでですが……

<2016年の10冊>

<2016年の10枚>


タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫