ジロは、ドゥムラン

 2017-05-30
2017年における3大ツールの幕を切ったのは、例年通り5月開催のジロ・デ・イタリア。
今年は記念すべき100回大会ということもあって、相当に熱く盛り上がる戦いが繰り広げられたようです。

ここで、「ようです」というような他人事の表現になるのは、私が今回のジロの中継映像を観ていなかったから。
その辺りは、放映権を有している DAZN に感じた不信や不満が大きく影響しているのですけれども、まあ、何度も同じことを書いてもしかたないので、それはそれとしておきましょう。

毎年、ジロを始めとする3大ツールについては、各賞の最終結果をここに書いています。
なので、DAZN の配信を観ていないからというだけで、その習慣を今年は止めてしまうというのは、それはそれで何だか寂しいなと感じました。
そこで、今年のジロの結果について、ネットの専門サイトなどで結果を確認していた身ではありますが、その概要をこの場に簡単に書いてみようと思います。

まず総合優勝ですが、これは予想通り、かなりの激戦だったよう。
最終的に総合首位のマリア・ローザを手にしたのは、この大会で初めてのオランダ人チャンピオンとなった、サンウェブ所属のトム・デュムラン。
得意のタイムトライアルでいい走りを見せたこと、山岳ステージで何とか食い下がってタイム差を最小限に抑えることに成功したことなどが、2位に入ったモヴィスターのナイロ・キンタナや、3位のバーレーン・メリダのヴィンツェンツォ・ニーバリといったグラン・ツール優勝経験者を押さえて、総合優勝の座を勝ち取った最大の理由、なのでしょう。

次に、ポイント賞のマリア・チクラミーノ。
スポンサーの変更により、今年からまた、紫色に戻ったようですね。
で、これは、最初からここの賞を狙って乗り込んできたクイックステップ・フロアーズのフェルナンド・ガビリアが、グラン・ツール初出場であるにもかかわらず、2位以下に大差をつけて獲得しているようです。
クイックステップ・フロアーズというチームは、ここ、というものを狙って出場してくると、本当にきっちりと結果を出してくるのがさすがですね。
もちろん、エースの走りが素晴らしいから、という前提条件があればこそ、ですが。

山岳賞のマリア・アッズーラも2位との差が大きくて、チーム・スカイのミケル・ランダが圧勝したと言って差し支えない結果になっていますね。

ヤングライダー賞のマリア・ビアンカは、総合順位と同様に、1位と2位が最後まで接戦を繰り広げていた模様。
そしてこちらも、最終日ミラノでの個人タイムトライアルで、クイックステップ・フロアーズのボブ・ユンゲルスがオリカ・スコットのアダム・イェーツを破って見事に獲得することとなったようです。
……ということは、クイックステップ・フロアーズは、100回記念大会である今回のジロ・デ・イタリアで、特別賞ジャージを2つ手にしたということですか。
さすが、職人集団と言われるだけのことはありますね。


公式サイトはこちらから

タグ :

ベネット!

 2017-05-22
アメリカ西海岸、カリフォルニア州において、7日間にわたって開催された自転車ロードレース、ツール・ド・カリフォルニアがゴールを迎えました。

正直、レースの途中経過を見ている限りだと、ポーラ・ハンスグローエのラファル・マイカが総合優勝を獲得するのではないか、と思っていました。
しかし、いざ終わってみると、総合首位のジャージを表彰台で纏ったのはロットNLユンボのジョージ・ベネット。
マイカは、コンディションのピーキングの問題も現時点では無いわけではないのでしょうけれども、実際、タイムトライアルの走りをもう少しでも改善しなければ、こういうレースでの優勝はまだ難しいということなのでしょうか……。

その他の各賞についても触れておきましょう。

ポーラ・ハンスグローエは総合優勝は逃したものの、ポイント賞は、ペーター・サガンが貫録の獲得。
そして山岳賞はユナイテッドヘルスケアのダニエル・ハラミーリョが熱戦を制し、ヤングライダー賞はディメンションデータのラクラン・モートンが獲得をしています。

中継放送は早朝に行われていましたし、何かと忙しくもあったので、録画したものを 1.5倍速の再生で観るというスタイルがメインとなってしまいましたし、時にはチャプターを飛ばしたりもしていたので、各ステージをきちんと観戦していたとは、お世辞にも言えない状況ではありました。
それでも、要所はしっかりと観ていましたし、結構な面白い大会だったと思います。


公式サイトはこちらから


タグ :

カリフォルニアが開幕

 2017-05-12
イタリアでは現在、3大ツールの最初の1つであるジロ・デ・イタリアが絶賛開催中。
しかし、DAZN と契約する気が全く失せてしまっている私は、今のところ、その経過は専門サイトなどの情報で知るのみになっています。
実際問題、毎日行われている各ステージについて、DAZN がどの程度配信をしてくれているのかここまで確認もしていなかった(結構、どうでもいいや、的に思ってしまっていた)のですが、その辺、どうなっているんですかね?
……と思って、ちょっと調べてみたら、さすがにジロは毎ステージ配信をしているようです。
それだけでなく、日本語解説も付けているようなのは、さすがにアレですかね、その辺のクレームが多かったんでしょうか。
で、そういう確認はしつつ、まだDAZNとの契約をしていないのは、要するに、何となく DAZN を信用しきれない気持ちが残っているから、に他なりません。


さて、ジロ・デ・イタリアというビッグレースが開催中だからといって、他の地域で別のレースが一切行われていない、というわけでは、もちろん無いわけです。。
例えば、15日から1週間は、北米大陸における最大のレースと言ってもいいのであろう、ツアー・オブ・カリフォルニアが開催されます。
厳しい山岳ステージが続くジロを回避してこちらでの勝利を狙う選手だったり、もともとここでの勝利を目指す選手だったり、ともあれ、毎年、なかなかのメンバーが出場してくるという大きな大会です。

ちなみに、こちらは例年通り、J-Sports が中継放送をしてくれるので、しっかりと毎ステージを見ることができます。
もっとも、時差の関係で放送が早朝ですから、録画しておいて後から再生するのですが。
ともあれ、これから1週間、楽しませてもらおうと思っています。


公式サイトはこちらから

タグ :

ヨークシャー、日本初放送

 2017-05-03
Jリーグの放映権が長年放送してきた スカパー! から、スポーツ中継のネット配信をしている DAZN に移動。
これまで同競技を楽しんで来ていた人が、のきなみ不平不満を訴えたことは記憶に新しいところ。
そして、これまでにも何度か書いたように、それは自転車ロードレースについても、実は同じ。
DAZN がイタリア、ベルギー等で行われる一連のレースの放送権を取得している為に、去年まで日本で精力的に生中継放送をしていた J-Sports が、それ等のレースに関しては放送ができないという事態になっています。

それでも DAZN がまともにネット配信してくれていれば、まだしもマシな話となるところだったのですけれど……
サーバーや回線の容量が理由なのかどうか、4月にあったビッグレース、ツール・デ・フランドルでは、権利だけ持って実際には配信をしないという事件が発生しており、正直、私としては現状は最低最悪で DAZN のことは一切評価できないと思っています。
記念の100回大会となるジロ・デ・イタリアの放送権も DAZN が保有していますが、配信内容が充実するかどうかは見込み薄ですし、そもそもこれも配信をやらない可能性も高いと思われ、私としては DAZN と契約する気は現状、ありません。
何せ、信頼できないですから。

一方、DAZN に放映権を奪われた J-Sports は、それでも視聴者、契約者を離さないようにしようというのでしょう。
色々と努力をしていて、今年の4月末には、イギリスで開催された3日間のステージレース、ツール・ド・ヨークシャーを放送してくれました。

今年が第3回目と、まだ若い大会なのですけれども、沿道の応援も大層なにぎわいとなっており、イギリスでの同競技の人気の程がうかがえます。

総合で勝負の行方を決めたのは最終第3ステージ。
厳しい山岳の続くこのステージで最も輝いたのはディメンションデータのセルジュ・パウエルスであり、彼はこのステージにおけるステージ勝利と総合優勝の2つを、見事に獲得することになりました。
昨年のディフェンディングチャンピオンであり、今年のツールでの引退を発表しているディレクト・エナジーのトマ・ヴォクレールが、連続する厳しい登坂に耐え切れなかったのか途中で千切れてしまったのが残念ですが……
しかしパウエルスの走りは素晴らしかった。
景色も綺麗でしたし、来年も中継してほしいレースです。



公式サイトはこちらから

タグ :

バルベルデ、そしてスカルポーニ

 2017-04-24
その歴史の古さから(何しろ今回が第103回です)、「ラ・ドワイエンヌ」すなわち「最古参」とも呼ばれる、リエージュ~バストーニュ~リエージュ。
ベルギーのワロン地方で行われるこのレースを以って、春のクラシックシーズンは終わりを告げることになります。

水曜日のフレーシュ・ワロンヌを制して絶好調のアレハンドロ・バルベルデを優勝候補筆頭として、今年も様々な有力選手が出走するこのレース。
一番最初にゴールラインを走り抜けるのが誰になるのか、大いに興味を覚えつつ、生中継を待っていたのですが……


この週末は、リエージュの事よりも何よりも、(アルベルト・コンタドールがドーピング疑惑に絡んで総合優勝の座をはく奪された結果とはいえ)2011年にジロ・デ・イタリアで総合優勝をした偉大なるチャンピオン、ミゲーレ・スカルポーニが、まもなく始まる今年のジロに備えた早朝練習で自宅から出た後に、交差点にさしかかったところで前方不注意のトラックと衝突、亡くなってしまったという
ニュースの衝撃が、あまりに大きすぎました。

穏やかな性格の人格者として知られたスカルポーニ。
最近はアシストとしてグラン・ツールでエースをアシストする姿を見ることが多かったですが、その雄姿は、今でも私の記憶に残っています。


そんなスカルポーニへと勝利を捧げようというのでしょう。
ライバルを振り切って天を指さしながらゴールラインを先頭で通過したのが、優勝候補のアレハンドロ・バルベルデ。
スカルポーニとバルバルデは同年代ですし、方やイタリア、方やスペインと国籍は違えども、おそらくジュニア時代から多くのレースを一緒に走ってきたという、長い付き合いの友人とも言える間柄だったことでしょう。

バルベルデはこのレースこれで4勝目。
今年も好調な彼は今年も秋のシーズン終了まで、勝利を量産して行くのでしょうね、きっと。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫