UCIシクロクロス ワールドカップ 第4戦

 2013-01-05
2013年の自転車レースTV観戦の幕開けは、昨12月2日のUCIシクロクロスワールドカップ第4戦です。
これは、毎年春に開催される「クラシックの女王」パリ~ルーベでゴールに使っている自転車競技トラック、フランスはルーベのヴェロドローム周辺に設定した自転車好きにはなかなかたまらないコースのレース。

この日は風邪の強い曇天で気温は4度、第2戦第3戦に比べると特性として平坦の多い高速コースという感じ。
とはいえ、勾配のキツいテクニカルな下りや重いぬかるみや階段はシクロクロスの大会なので当然のようにありますし、スピードが出せるから楽だとは必ずしも限らないのがこの競技。
しかし一線級のプロ選手にとってはイージーだと感じられるコースだった模様。

一時は10人程度になった先頭集団から終盤に抜け出した4名の選手は、そのまま誰か1人が逃げることも無く、最終周回のゴール地点ヴェロドローム手前からスプリント合戦を繰り広げます。
ここで先頭を獲ってヴェロドロームに突入し、そのまま優勝を手にしたのはスヴェン・ネイス。
ベテランのベルギーチャンピオンが、第3戦に続いての2連勝です。

なお、ワールドカップチャンピオンのポイントリーダーのニールス・アルベルトは3位に終わっており、2位のネイスに15ポイント差まで迫られました。
これは、残り4戦でどうなるのか、まるで分からなくなってきました。




大きな地図で見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/985-1b324cb9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫