夜空に流れ星 at 晴れたら空に豆まいて

 2012-11-09
昨晩は代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で、前から一度、生で味わいたかったミュージシャンの1人、玲里の出てくるライブを観てきました。

ワンマンライブがあればそれが良かったのですが、彼女はまだワンマンをやったことがないですし、そこにあまりこだわっていてもなかなかチャンスがなさそうな気がしたので、3組が出演するイベント「夜空に流れ星」のチケットを予約したのです。

ちなみに、この日の彼女の対バンは、tama tsuboi と日比谷カタン。

後者は以前にZABADAKのライブにゲストメンバーとして参加していたギタリストで、その時からちょっと興味があったりもしたので、そういう意味は今回のライブはちょうどいい面子かもしれないという計算もありました。
音源を聴いたことがほとんど無いようなミュージシャンのことでも知ることができるのが、ワンマンではないこういったライブのプラス点ですよね。

特に、今回の対バンであった2名の場合は、実物を目の前にしたインパクトが大きいだけに、CDなどの音源よりも生の演奏を聴く方がその音楽を肌で感じられていいと思います。


まず最初にステージに上がったのが、tama tsuboi こと坪井たま。

この日はカホン奏者と2名での演奏なのですが、MCによるとSHAMANZというユニット名で活動をしていて本来は他にもメンバーがいるのだそう。
で、これが実に良かったんですよ。
テクニック抜群のスパニッシュテイストなギターは、これはきっと、パコ・デ・ルシア辺りが好きなんだろうなと思わせる感じの格好良さ。
ポリスの「ロクサーヌ」のカバーもいい感じでしたし、曲名は分からないのですがフラメンコ曲の演奏は
非常にスリリングで実に楽しめました。
いや、これはこれからもライブなどをチェックしなければならないのではないでしょうか。
彼はこれでまだ21歳だといいますし、この先が実に楽しみなギタリストですから、音源が発売になったら必ず買わなければ。


2番目にステージに立ったのは日比谷カタン。

彼のステージは、これはもうあらゆる意味で別格で、一度観たならば二度と忘れられないような特異な存在感を放っていて、かなり強烈でした。
tama tsuboi とはまた別の方向でギターテクニックは抜群に優れていて、そこに、まとまることを端から拒絶しているようなエモーショナルでアクセルべた踏みのボーカルが暴走気味に乗っかってきます。
彼のステージングがどういうものかはここでアレコレと言葉を重ねても無意味であり、とにかく実際にその目で観て体感してくれと、そしなければ分からないとしか言いようがありません。
唯一無二の強烈な個性。
これを受け入れて心の底から楽しめるか、それとも拒絶してしまうのか。
私は前者でしたけれど、さてあなたはどうでしょう。

対話の可能性対話の可能性
(2009/10/18)
日比谷カタン
商品詳細を見る


そしてトリに出てきたのが玲里。

キーボードの難波弘之とギターの吉良知彦と2人のサポートメンバーをバックにしたトリオ構成は、難波弘之のオルガンの音が目立ち過ぎにも思えてそこがちょっと気になりましたけれども、そこはさすがに両名ともベテランらしくしっかりとしたサポートっぷりだったと思います。
予想通りというか、延びのあるボーカルのパワーと耳に届くパンチ力は抜群で、CDでもかなりいい声だと思っていましたが、生で聴くとまた格別なものがありました。
今度は、フルバンド編成のバックでのライブか、弾き語りライブに行ってみたいなと考えています。

NEVER LET ME GONEVER LET ME GO
(2012/11/21)
玲里
商品詳細を見る

今回のライブは出演者が3人とも凄く良いパフォーマンスをしてくれたので、大いに満足を感じた一夜となりました。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/958-d9e1dac4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫