今期終了アニメ 雑感 その1

 2012-09-25
番組改変期になりましたので、この9月に放送を終了したアニメの簡単な感想をいつものように書きたいと思います。

1)人類は衰退しました

程よく脱力して、毒があって、ポップで、なかなか良い作品だったと思います。
原作の発表順とも、作品内の時系列とも異なる順番でエピソードが並んだ本作、その試みが成功しているかどうかは……うーん、どうなんだろう。判断に困るところかもしれません。
それぞれのエピソードについても、原作をかなりざっくりとカットしている部分もあるといいますから、こうなると、アレですかね、原作も買って読んでみなければならないでしょうか。
それは踊らされているようで何となくシャクなところもあるのですけれど、結果的に面白い作品を読むことができるのであればむしろ嬉しい話ですので、どうしようか現在思案中。

2)TARI TARI

鎌倉を舞台にした高校生たちの成長物語として捉えれば、悪くないとは思います。
ただ、1クールというのは、こういう題材にはちょっと短いかなという気がしないでもありません。
1人もしくは2人程度のキャラクターにのみ焦点を合わせていくのであればそれでもいいのですけれど、合唱部の部員5名それぞれに一定の物語を持たせたせいで、どうしても中途半端になってしまたかなという印象です。
結果、食い足りないというか、もやもやしたものが残ってしまった作品となりました。
画は綺麗でしたし、演出も悪くなかったんですけれど、惜しいな。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/936-3fb327e8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫