鉄腕バーディー エピローグ

 2012-08-28
以前、連載が中途半端に終了してしまいそうなことを嘆くエントリを書いた、ゆうきまさみ の「鉄腕バーディー」。
その時に抱いた心配が外れてくれればと思っていたラストは、やはりかなり駆け足のものとなり、本来あるべき展開やエピソードを大量にすっ飛ばして、余韻もあまり無い終わり方を迎えることとなっていました。
で、ちょっとこれはさすがに、これだけ長く続いた作品、しかもSFマンガとしても傑作と呼べるであろう作品の終わり方としてはもったいなさすぎなのではないか、と思っていたのですが……

そんな中、雑誌「月刊!スピリッツ」の2012年10月号に、同作のエピローグ36ページ(カラー表紙を入れると37ページ)が掲載されました。
これが、どうにも満たされないものを覚えていた本誌の最終回を、一応は話がまとまる形で補てんしてくれていて、これを読んだことで、私にもやっと、「ああ、これで鉄腕バーディーという作品が終わるんだなぁ」という実感がわいてきました。
もちろん最善な形ではなくて、とりあえず最低限度やるべきことはやっておく、というようなレベルでありながらも、ひとまず、辿り着くべき場所にようやく辿り着いた感覚、とでも言うべきでしょうか。
終わり方というものは、せめて、これくらいは来なくてはいけません。
まあ、それでも回収されずに終わってしまった伏線、投げっぱなしとなってしまったアレコレは大量に積み残されてしまって、それがいかにも消化不良のままにわだかまりとなって残ってはいるのですけれど。

今後、「月刊!スピリッツ」に定期的に、外伝や番外編という形式でその辺のフォローをして行ってくれたら更に嬉しいんですが……それは、難しいんでしょうね、やっぱり。

なお、この号についている応募用紙に所定の事項を記入して郵便定額小為替1,750円と一緒に小学館に送ると、B5版96ページの「鉄腕バーディー全設定資料集」が購入できるという応募者全員サービスがあります(発送は来年の2月中旬以降とのこと)。
これを高いと思うか思わないかはその人次第でしょうが、私としては迷わずに申し込む一手です。

月刊!スピリッツ 2012年 10月号月刊!スピリッツ 2012年 10月号
(2012/08/27)
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/922-cd6e08e7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫