機動戦士ガンダム00 第20話

 2008-02-23
沙慈、どんどん追い込まれていきますね。
あちこちのブログでも心配されていましたが、大方の予想通り、執拗に取材活動を続けていた絹江・クロスロードが、命を奪われました。
彼女を殺したのがアリー・アル・サーシェスであったというところが、一つ、これから先の展開を予想する上でのポイントとなるかもしれません。
ルイスがああなった18話において私は、これはもしやルイスが(イデオンにおけるパンダ・ロッタのように)彼氏の隣人である刹那に対して銃口(あるいは刃)を向けるという展開もありうるのではないかと思いましたが、ここのところの様子を見ていると、その役割はルイスではなくてむしろ沙慈が担いそうな気配もしてきました。
しかし、絹江の仇がサーシェスであるということで、あるいは一時は衝突してしまうにせよ、沙慈と刹那には和解あるいは共闘の可能性が残されたと見るべきかもしれません。

アレハンドロとリボンズについては、どうも私が完全に読み違えていたようです。
コーナー家はイオリア・シュヘンベルグの計画に介入したいと何代も前からずっと思ってきていたとのことで、そうするとティエリアの推測通り、ヴェーダはハッキングされてデータが盗み出され、ソレスタル・ビーイングの計画は当初そうであろうとした理想から改変されているということ?
アレハンドロが黒幕であることを匂わせる様々な要素は、全て視聴者のミスリーディングを誘おうとして意図的に提示されているものであって、実はアレハンドロこそがイオリア・シュヘンベルグの考えているプランに誰よりも忠実なのかと思っていたのですが、そういうわけでは無さそうな感じですね。
依然として正体不明なリボンズが、どこまで事態の鍵を握っているのかは注視すべき点でしょう。主導権を握っているのが、映像通りにアレハンドロなのか、それともアレハンドロの目にとまらないところで時折怪しげな笑みを浮かべているリボンズなのか。
月面に隠されていたヴェーダ本体のことをアレハンドロが「イオリア・シュヘンベルグ」と呼んだのも、少々気になります。イオリアの脳が使われているというわけでも、ないのでしょうけれど。

リニアトレイン事業総裁のラグナ・ハーヴェイ、裏のありそうな人物ですね。
トリニティ3兄弟に指示を出している「ラグナ」が、このラグナ・ハーヴェイのことだというような単純なことはないのではないかと思っていましたが、アレハンドロの例を考えれば、そうである可能性も考えておく必要がありそうです。
ドラマは複雑にすれば良いというものではない(特にTVアニメはエンタテインメントなのですから余計にそうです)という基本的なことを、見落としていたと反省しています。

そんな中、あくまでもフラッグでガンダムを倒してみせると宣言したグラハムは、良かったです!そうこなくっちゃ、とTVの前で快哉を叫んでしまいました。
3大陣営が手に入れた擬似太陽炉、確かにガンダムに対抗するには有効な手段となるでしょう。
しかし忘れてならないのが、ナドレに搭載されていたトライアル・システム。
現時点ではアレハンドロの干渉でその効果を殺されていますが、今後もそうであり続けるかは分かりませんし、トライアル・システム自体、ナドレに搭載されているもの1つだけしか存在しないとは限らないのです。
ユニオン・AEU・人革連が擬似太陽炉搭載モビルスーツ(しかし、あのデザインは何とかならないものでしょうか)を運用してガンダムを追いつめ、撃破せんとしたとき又は撃破した直後、トライアル・システムが作動して30機の全てが行動不能になるという展開、いかにもありそうではないですか。
そしてその際、自体を好転させる鍵となり得るのは、擬似太陽炉搭載モビルスーツを選ばずにフラッグに乗り続けたグラハムしかいない!
おお、これは燃える!

ここにきてどんどん話が面白く転がりだした「ガンダム00」、来週も楽しみです。


http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-538.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1888.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50969605.html
http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50924102.html
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/91-6baf8944

  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第20話 「変革の刃」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 3 3つの国家群による軍事同盟が締結され、世界は打倒ガンダムで統合されようとする。刹那たちは世界が変革していく様子を複雑な思いで眺める。スローネたちは人革連基地に攻撃を仕掛け、ミハエルらは狂乱する。そこへ突如、支援攻撃が出現する・・・。
【2008/02/23 21:12】
  • アニメ「機動戦士ガンダム00」第20話。【ぎんいろ】
    第20話「変革の刃」 メールを見直して、見直して見直して。 紗慈の脳裏には、ルイスの左腕の再生治療が不可能だと言う事実が思い起こされて...
【2008/02/23 22:09】
  • 機動戦士ガンダム00 #20 「変革の刃」【月の静寂、星の歌】
     変革の流れは激流となって、世界を呑み込んでいく。  流れに従おうとする者、  逆らおうとする者、  ただ呑み込まれてしまう者、  そして、ほくそ笑む者……。  その激流の中にあっては、  ソレスタルビーイングは既に中心ではなかった――。
【2008/02/25 05:23】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫