この件で一番悪いのは、誰なのか

 2012-07-21
プロ野球の選手会がWBC不参加の決定を下したことが、あちこちでニュースになっています。
スポンサー料などの収益配分が不均衡であることがその理由で、その主張自体には首肯できる部分もあり、不参加決定もやむを得ないところがあるかな、というところ。

で、この問題に対する大会主催者のWBCIサイドの対応が、あくまでこれは日本野球機構(NPB)と選手の間の話だというようなもので、ネットを見ると、これが一部で反発を呼んでいたりもするようなのですが……
感情論はともかくとして、「契約」という観点で見るならば、WBCIの言っていることは正論なような気もしないでもありません。

例え条件が納得できないものであったとしても、その内容に従ってWBCへ参加するということを、契約としてWBCIとNPBが取り決めているのだとすれば、内容についてWBCIと交渉を行う権利を持つのは契約当事者であるNPB。
要するに、選手会側がWBCIと交渉しようとして相手にされなかったのも、そもそも交渉権を持っていないのだと考えれば、むしろ当然なのかもしれない、ということ。
WBCIは、今後も日本の「関係者」との競技には応じていく意向を示していますけれど、おそらく、この「関係者」とはNPBのことを指しています。
ということは、選手会が主張を通そうとするのであれば、何とかしてNPBを、いわば代理人のように動かして、それでWBCIとの交渉を行ってもらうのが踏むべき手順ということになるわけです。
特に、相手が契約社会であるアメリカの組織なわけですから。

ただNPBは、原監督問題の対応などを見ていても明らかなように、限りなく頼りないというか、ふがいないというか、情けないというか、あてにならないこと、この上ない感じ。
その上、報道を幾つか見ている限りでは、どうやらNPBサイドは今までの大会と同じ条件で第3回のWBCに出場することをWBCIに了承しているようです。
こういう連中に任せておけない、と選手会の側が思うのも、ですから、その気持ちは良く理解できるのです。

とはいえ現状の様子だと、残念ながら今後もきっと、選手会はWBCIには相手にされないんじゃないか……
そんな風に、思わざるを得ません。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/903-bc15600f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫