新城、敢闘賞獲得!

 2012-07-05
順調に日程を重ねている、2012年のツール・ド・フランス。

つい先ほどゴールした第4ステージで、年唯一の日本人選手として出場したチームユーロップカーの新城幸也が、レース開始直後のアーリーアタックを決めて3人の逃げ集団を形成しました。
惜しくもこの逃げはゴールまで辿り着けずに集団に吸収されてしまったのですけれど、逃げを最初に形成したこと、そしてかなりの部分で逃げ集団をリードしていた実績を評価され、なんとこの日の敢闘賞を獲得!

ツールの敢闘賞は、2009年の最終ステージで当時スキル・シマノ、今はオリカ・グリーンエッジに所属している別府史之が見事に獲得しているわけですが、別府の場合は最終日だったこともあって表彰台には残念ながら上っていませんし、敢闘賞の赤ゼッケンをつけてレースを走ってもいません。
ですので、今回の新城が、日本人として初めてツールのステージ表彰台に立ったということであり、明日は日本人として初めて赤ゼッケンでツールを走ることになるのです。
ステージ優勝がならなかったのは残念ですけれど、日本人がツール表彰台に上るところをこの目で観られたというのは、ほんの5年前くらい前には想像もできていなかったこと。
これを幸福だと言わずしてなんと言いましょうか。

レース後には電話で日本のスタジオ解説陣と会話もした新城。
すぐに、というわけには行かないようですけれども、まだまだ今回のツールで何かをやってくれそうな感じでしたので、更なる活躍を期待して待とうではありませんか!

ツール・ド・フランス2012 コース図

公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/896-e986c440

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫