ツバメ情報、募集中

 2012-05-10
愛鳥週間の始まる昨日10日か77月まで、日本野鳥の会が、個体数の減少が大いに危惧されているツバメの目撃情報の提供を全国に求めているそうです。

そのニュースを見て、下の写真から行くリンク先の特設ページに私も早速行ってみました。
なかなか内容の充実した特設ページで、上記の情報提供の為の、「わたしの町のツバメ情報」「ツバメの営巣環境調査」というアンケートフォームも設置されています。
これにより、ツバメの目撃数の増減や自然環境の変化情報を積極的に集めようというわけですね。

もちろんツバメに関する様々な知識も掲載されているほか、同会が今回のキャンペーンに合わせて作成した小冊子「消えゆくツバメ~ツバメを通して残そう、日本の懐かしい風景~」の無料配布申し込みもできるようになっています。
私も、さっそく申し込みを済ませました。

小中学生の頃は、毎年学校や町のあちこちにツバメの営巣と子育てを見ることができたものですが、そういえば最近は、ツバメの巣を見た覚えがありません。
ここしばらくトキの雛が話題になっていますが、ツバメがトキと同じようなことにならないよう、少しでも私が役に立てることがあるのであれば協力することは惜しまずにいようかな、と思っています。

日本野鳥の会「消えゆくツバメをまもろうキャンペーン」特設ページ
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/865-4db3b08d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫