友人の出ている「私の叔父さん」を観ました

 2012-04-17
以前に紹介した、私の高校時代からの友人が端役で映画初出演を果たしたという作品、直木賞作家の 連城三紀彦 原作、高橋克典さん主演、細野辰興監督の「私の叔父さん」を新宿のミニシアター K's cinema で観てきました。

ストーリーなどについてはネタバレになるのでここでは書かないでおきますけれど、基本的にはよくある恋愛ものという感じで、そういう点では新鮮さはありませんでした。
で、大筋がそういうものであるとなると、後はディティール部分だったり出演者の演技内容だったりが、作品を評価するに当たっては重要な要素となってきますよね。

そこから考えると主演の高橋克典はなかなかの好演をしていました。

私の叔父さん
(映画公式サイトは、こちらです)

画作りも演出も抑えめで全体的に淡々と語られる作品なので、大ブレイクしてどうこう、ということにはならないでしょうけれど、丁寧に作っているのが伝わってきて、それはいい感じ。

難を言えば、ラストカットはもっと余韻が残るようにできなかったものかというのが、残念です。
そこまで描いてきた物語の最後を飾る、大事なカットがどうにもイマイチだったのは、ちょっともったいない。
シーンがああなるのは当然の流れですが、構図とか、もっと広がりを感じられるようなものにすれば、ずっと良かったのに……
あと、資金調達的なところの都合もあったのでしょうけれども、スタッフロールで流れた Do As Infinity の主題歌は、この作品には合っていませんでしたので、締めに失敗したなという印象が残る結果となってしまいました。
それ等を除けば、まずまずの映画だったと思います。


もちろん、友人の登場シーンもバッチリチェックしました。

さすがにスクリーンに大写しになることは端役ですのでありませんでしたけれども、セリフの量もそこそこあって、初映画出演は一定の成果と言っていいのでは。
結婚式シーンにおける新郎の友人役ですので、この映画を観ることがあったら、注目してやってください。

恋文・私の叔父さん (新潮文庫)恋文・私の叔父さん
(新潮文庫)

(2012/01/30)
連城 三紀彦
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/854-189db5f2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫