「風邪ひいた夜」

 2012-01-21
久々に特定のアニソンをテーマに、ブログを書いてみます。

ここのところ、寒い日が続いていますよね。
こんな毎日だと、朝夕の通勤電車、そしてお客様のところを訪問する為の移動中の電車内で、風邪をひいているのだろうなと見るからに分かる、マスク姿で具合を悪そうにしている人を多くみかけるようになります。

多少身体の調子が悪くても、熱が出ていても、なかなか仕事を休むわけにはいかないのが、勤め人のつらいところ。
これが学生であれば、学校に休む旨を電話して(大学生だったら電話なんてせずに勝手に自主休講を決め込んだりしますが)、サックリと布団の中で寝てしまうのでしょうけれど。
それでも通常の風邪であれば、よほど症状が重くならない限りは、気合でそこそこ普通に働けたりします。

ですが、これが、インフルエンザだと、もうダメですよね。

無論、インフルエンザの場合は、気合や根性と言う前に、他人にうつしてしまわないように外出禁止のドクターストップがかかるわけで、そもそも通学だの通勤だのというレベルの話ではなくなります。
高熱が出るような風邪は社会人になってから1~2回くらいしやったことが無かった私が、インフルエンザになってしまったのは、数年前のこの時期でした。

……あれは、一人暮らしの独身男がやるもんじゃないですね。

関節が痛くて全身がだるく、立ち上がることもおっくうな上、食欲も出なくて何も食べる気がしない。
あの時の私は、4日間くらい、バナナとヨーグルトだけで生きていました。
看病に来てくれる人もいないのは、仕事と勉強に専念していたせいで、自分が選んでそうなっているんだから仕方がないとはいえ……
病気で気弱になっていることもあって寂しさが湧き出てきて、かなり辛いものがあった当時の気持ちを、今でも鮮明に思い出せます。

で、こんな風邪やインフルエンザの季節になると、必ず思い出してしまう曲が、これ。

1998年から1999年にかけて放送されていた、津田雅美の原作マンガのアニメ化作品、「彼氏彼女の事情」のアニメオリジナル回であった第25話「これまでと違うお話」での特別エンディングとして印象的に流れた名曲、「風邪ひいた夜」です。

私には別に、この曲の歌詞のように、小さい頃にいじめてしまった女の子がいるわけではありません。
ですが、これを聴くと、風邪(もしくはインフルエンザ)になって、1人で昼間の布団の中でちょっと朦朧としながら寝込んでいる時の、あの何とも言えない人恋しさが鮮明に思い出されて、なんだかしんみりするというか、しみじみした気持ちになってしまうのです。

歌の下手さかげんは、まぁ、ご愛嬌ということで。



「彼氏彼女の事情」Setsu・Getsu・Ka「彼氏彼女の事情」
Setsu・Getsu・Ka

(1999/03/26)
榎本温子、渡邉由紀、山本麻里安
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/812-fc9c77c6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫