機動戦士ガンダム00 第16話

 2008-01-26
Bパートは総集編でしたね。
ソレスタルビーイング実働隊のセカンドチームらしき3機のガンダムスローネが、3大勢力の物量攻めの前に全機鹵獲の危機に陥っていたガンダム・マイスター達を救助。
こういう場合のお約束通り、新登場の機体は圧倒的な戦闘力を見せつけてくれるわけですけれども、スローネのGN粒子が赤いのには、何か理由付けがされるのでしょうか。
ただ単に視覚的な差別化の為にそうしたのであって、設定的な裏づけはないというのであれば、それはそれで構わないのですが、もしも何か理屈をつけるのであれば、どうするかな、と。
その場合は当然、刹那達のガンダムに搭載されているものとは異なるタイプの太陽炉を搭載しているということになるだろうと思われますが、こじつけでもいいから、そこにもっともらしい説明があると、個人的にはちょっと楽しいかも。

アレハンドロ・コーナーが召集した(らしき)監視者達というのは、つまり、CBの行動を評価し、その活動内容及び今後も介入行動などを継続するか否かなどを判定する機関ということなのでしょうか。
ハッタリの効いた会議風景をみると、私が予想していたものより、もったいぶった機関のようなのですが、全会一致が基本とは、決まるものも決まらなさそうな気がします。
実行部隊がへまをして構成員の誰かが捕縛されたりした時に、薬の投与などによりその構成員がCBについて知っているところをあらいざらい自白してしまったとしても、組織の上層部や活動資金提供者の情報がもれないよう、プトレマイオスのガンダムチームには、その辺のことはほとんど何も教えられていないだろうなと思ってはいましたが、CB実行部隊に、いざという時の為のセカンドチームが存在していることはガンダムチームのみならず、監視者達も知らなかったようですね。

してみると、監視者というものの位置付けは、CBという組織の中枢からは多少の距離をおいたところにあるということなのか?
客観的視点から監視するというと聞こえはいいですが、でも、全会一致でなければ何も決められないということは、名目だけの存在になっている可能性もあります。
実際、あれだけ無茶苦茶な行動をして組織を危険に晒したり行動スケジュールを乱したりした刹那ほかガンダムマイスター達を更迭できなかったわけですし。
今まで、いざという時はガンダムチームを切り捨てて身の安全を確保しなければならないから実働部隊に直接的な接触はできないであろうCB上層部の為に、彼等に代わってガンダムチームの作戦活動を査定して報告するのが監視者の役割なのかなと思っていたのですが、あるいは監視者は、CBへの支援者に対するポーズとして設けられているだけの、実行力の無い機関だったりして。
アレハンドロ・コーナーは、何やら色々と知っていそうな気配もありますけれど。

スローネ登場に、こんなものの存在は知らされていなかったと言う監視者達。さながら、会計監査役の知らないところから隠し資産が出てきたというところですか。
では、その隠し資産=ガンダムスローネはどこで作られたものなのか。
第14話で出てきた小惑星の工廠ではないでしょう。
もしもそうであるならば、いくらなんでもプトレマイオスのガンダムチームがこれまでスローネの存在に気がついていないということはないと思われます。つまり、CBはあれとはどこか別の場所にもう1つ、ガンダムの開発ができるくらいの工廠を持っているということになりますね。
実行部隊にアクシデントがあった場合に備え、バックアップ部隊を用意しておくということ自体はいいとしても、やはり色々と胡散臭いぞ、CB。
OPにおいて刹那達がスローネと戦っている映像が出てくるのが、この先の展開を暗示していますね。次回予告でも、「理念に隠された野望」なんて言っていましたし。

ところで、今回一番気になったセリフは、監視者の1人が言った、「太陽炉は5つしかなかったはず」という趣旨の発言。
えぇと……5つ?
ガンダムは4機だし、プトレマイオスには太陽炉は搭載されていない。では、残るあと1つはどこに使われているのか、と考えてしまったのですが、それが小惑星の工廠に設置されているのだとすれば、第14話の時に感じた疑問が解消されますね。そういう解釈で、いいのでしょうか?

タグ :
コメント
ああ、あのドックという可能性もありますねえ!

それにしても、CBは本当に胡散臭いですね。監視者というのも、怪しい存在ですし。複数いることにも驚きました。

いつでも期待を裏切らないコーラサワーは、やはり愛すべきキャラであります(笑)
【2008/01/27 22:47】 | ゆぅべ #PvuSrscg | [edit]
あっ、何か忘れたなと思っていたら!
そうか、コーラサワーのことを書くのを忘れていました。
せっかく前回はヴァーチェに撃墜されずに済んだのに、今回スローネにあっさりと一撃でやられてしまった、コーラサワー。
すでにお約束と化してしまった観のある瞬殺。その後の情けなさも含め、段々と「味」が出てきましたよね。
【2008/01/28 01:27】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/80-5561aab4

【2008/01/26 23:38】
  • 機動戦士ガンダム00 第16話「トリニティ」【SeRa@らくblog】
    挨拶といこうじゃないか、ガンダムマイスター同士――。 鹵獲寸前の刹那たちの前に現れた3機の新型ガンダム。 トリニティ3兄弟の駆るガン...
【2008/01/26 23:49】
【2008/01/27 00:17】
  • アニメ「機動戦士ガンダム00」第16話。【ぎんいろ】
    第16話「トリニティ」 アリーの手にかかっていたエクシアを助けたのは、スローネドライ。パイロットはネーナ・トリニティだった。 ヴァーチ...
【2008/01/27 00:29】
  • 機動戦士ガンダム00 #16 「トリニティ」【月の静寂、星の歌】
     3大国の合同軍事演習地付近のテロ防止に、それが3大国の罠と知りつつ動いたソレスタルビーイングは、 “地上人” の執念の前に為す術なく4機全て戦闘不能に陥る。  しかしその “天上人” の絶体絶命の危機に、新たなガンダムが舞い降りる。  赤い粒子を撒くそ...
【2008/01/28 07:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫