FC2ブログ

機動戦士ガンダム00 第15話

 2008-01-19
前回のエントリーで書き忘れていましたが、第14話において、アリー・アル・サーシェスがAEUの外人部隊に所属していることが分かりました。第4独立騎兵連隊のゲイリー・ビアッジというその名前の方が本名か、それともサーシェスもビアッジも、どちらともが本名ではないのか。
あくまでも私見ですが、除隊して予備役にでもなっていたのが、今回の作戦の為に召集されたとみるのには、ちょっと無理があるような気がします。彼が本来属しているのがPMCなのかAEUなのかもちょっと気になるところです。後者だとしたら、PMCには出向していたとでもいうことなのか。PMCとAEU軍の間には密接な関係がありそうですね。

さて、第15話です。
冒頭のバカップルについては、この際なかったことにさせてもらうとして、今回描かれたのは、3大勢力合同による対CBの一大総力戦。
1対1ではガンダムに勝てないのであれば、物量をもって間断ない攻撃を仕掛けてパイロットを疲弊させ、その体力・精神力が限界を超えて戦闘力を著しく低下したところで鹵獲すれば良い。
コマの少なさという、CBの弱点をついた形です。
こういう作戦である以上、ガンダムによって撃墜される自軍の損害、失われる兵士の命も相当なものになるはずですが、そうまでしても3大勢力首脳陣はガンダムの技術が欲しい。
その思惑通りに事態は進展し、各個に分断され、鹵獲されていくガンダム達。
その時、いずこからか新たなガンダムが飛来する。OPにも登場していた、ガンダムスローネですね。

正直、新しいガンダムが次々と登場してくるような展開はあまり好きではないので、本作にも、できればガンダムは4機だけで最後まで行って欲しかったのですが。
が、全ては今後の展開、ストーリーの内容を観てからのこと。ガンダムスローネ登場についての判断は、今はまだ保留です。

それにしてもヴァーチェ、よりによってコーラサワーに鹵獲されるとは……。
もちろん彼もAEUのエースを名乗る、それなりに腕の良いパイロットのはずなのですが、出てきてはすぐにやられるというパターンが定着してしまっていたが故に、ここまであっさりと鹵獲を成功させたのは、コーラサワーには申し訳ないながら、ちょっと意外。
てっきり、ガンダムの鹵獲には成功しながらもコーラサワー機は撃墜される、ということになるかと思っていたのに。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/77-2d2e64d9

  • 機動戦士ガンダム00 第15話「折れた翼」【SeRa@らくblog】
    死ぬのか…この歪んだ世界の中で、何にもなれぬまま、失い続けたまま――。 3軍が用意した千機近いMS。 圧倒的な物量戦の前に、次々と...
【2008/01/20 00:04】
  • (アニメ感想) ガンダム00 第15話 「折れた翼」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 2 ガンダムに対する3つの陣営からの攻撃が始まる。合同演習の名目がワナと分かりつつ、ソレスタルビーイングは武力介入する。長時間の攻撃で、マイスターたちは疲弊していく。デュナメスとキュリオスは人革連MS部隊の猛撃に立ち往生し、エクシア
【2008/01/20 00:08】
  • 機動戦士ガンダム00 ♯15『折れた翼』【風庫~カゼクラ~】
    AEU、人革連、ユニオンの共同軍事演習・・・ ガンダム鹵獲の為とは分かりきってたけどさ~ 単なる持久戦に過ぎなかったですね。 4機しかいないガンダムに対してハデというかムダな作戦ですな。
【2008/01/20 01:15】
【2008/01/20 11:35】
  • アニメ「機動戦士ガンダム00」第15話。【ぎんいろ】
    第15話「折れた翼」 部隊総数は52。 そのMS総数は832。 卑怯者とののしられようとも、命令には従わせてもらうぞ、ガンダム――。 合同演習...
【2008/01/20 16:20】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫