今期終了アニメ感想 その2

 2011-09-26
データが破損したままアップされていたのに本日まで気づかずにいましたが、ようやく修正しました。
見苦しい状態のまましばらく放置していて、すいませんでした。
(2011.10.3. 追記)



今季終了アニメの感想、第2弾です。

1)「タイガー&バニー」

最終話より、その1話前の方がテンションが高くて、ストーリー的には盛り上がっていました。
その分、最終話は余韻を持たせてエピローグを語ってくれれば、それで作品としてはきっちりとエンディングを迎えられるはず、なのですが……うーん、微妙に消化不良。
ウロボロスとかルナティックの件が片付いていないのは、今後に繋げようという意図もあるんでしょうし、それはそれでいいでしょう。
が、それ以外の部分で、メインキャラクターのその後を描くパートにしても、なんでしょう、見せ方の問題なんでしょうけれど、少々物足りなさが残った感があります。
期待値が高すぎたのかも。
それを抜きにすれば、バディーものとして良くできていた作品だと思います。
文句は言ったものの、最後までしっかりと楽しませてもらいましたし、ね。


2)「セイクリッドセブン」

これ、できれば2クールくらいをかけて、もう少し丁寧にじっくりと物語やキャラクターを描いた方が、良かったんじゃないでしょうか。
表層をなぞっただけで終わってしまったというか、特に敵役のキャラ造形が薄っぺらくて、最後が盛り上がらないこと、盛り上がらないこと。
素材はそんなに悪くなかったのに、料理でちょっと失敗してしまったかな、という感じです。


3)「花咲くいろは」

少女の成長物語としては、これで良し、というところでしょうが、個人的には微妙に落ち着かないエンディングでした。
結局、最終的に(一時的なもので終わるのかもしれないということは示唆されていますが)喜翆荘が閉鎖されるということになったのが、大団円としては物足りないのかもしれません。
「リアリティ」という観点や、緒花が見つけた「自分の所属する居場所」が何であるかを考えると、これはこれでいいのでしょうけれど。
ともあれ、総合的に言えば結構高い点数を付けられる、良い作品だったなぁと言えます。
背景美術も綺麗でしたし、2クールを通じて、どのエピソードも一定の安定感がありましたしね。
こういうオリジナル作品が、もっともっと放送されて欲しいなと思っています。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/758-24a20cce

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫