佐渡裕のショスタコと武満

 2011-07-06
小学生時代からの夢をかなえたとして各マスメディアにも取り上げられ、その状況を取材したTV番組も好評だったという、佐渡裕による2011年5月下旬のベルリンフィル(BPO)客演。
そこで演奏された楽曲を収録した2枚組のCDが、話題を呼んでいます。

このCD、disc1 にはショスタコーヴィチの交響曲第5番が、そして disc2 には武満徹の作曲した「FROM ME FLOWS WHAT YOU CALL TIME for five percussionists and orchestra」がそれぞれ収められています。
それぞれの楽曲について詳しく解説するほどまでにはクラシック音楽の薀蓄に関する知識は持っておらず、生兵法でアレやコレや、曲の背景を書いても仕方がないでしょうから、ここで何かしらの文章を書くことはしないでおきます。
とりあえず、エモーショナルな演奏を大いに楽しめるような内容のCDである、ということだけは、書いておきます。


いろいろとバックボーンを知りたいという人は、ちょっとネットサーフィンでもしていただけば、具体的でかつ詳細な解説をしているサイトだったりブログだったりはいくつも見つかると思います。
というのも、これは一般にもわりと評判になっているCDですし、そもそも収録曲は両方ともクラシック好きには知名度の高い曲ですから。
決して本流とは言えない道を歩いてきた佐渡裕の経歴についても、それは同様です。

あちこちで評判が高いと、逆に手を出さないようになるという天邪鬼な部分もある私ですが、これは、買ってよかったなと思わせられる、そんなCDでした。

佐渡 裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE佐渡 裕
ベルリン・フィル・デビューLIVE

(2011/06/29)
佐渡裕&ベルリン・フィル
商品詳細を見る
タグ :
コメント
タコがすきなら佐村河内守の交響曲第一番《HIROSHIMA》は御馳走かも。
孤高の天才です
【2011/07/13 00:02】 | 摩耶 #08T8Aomw | [edit]
いらっしゃいませ。
なるほど、「HIROSHIMA」ですね。
教えてくださってありがとうございます。
今度チェックしてみます。
【2011/07/14 23:35】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/716-782a3970

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫