ジロ・デ・イタリア開幕!

 2011-05-08
トリノで行われたチームタイムトライアルから、いよいよ始まりました、ジロ・デ・イタリア。

「イタリア一周」と言いながらも、実際のコース設定は「一周」の形になっていなかったり、イタリア以外の地域を走ったりもするのがジロ(ツール・ド・フランスもブエルタ・ア・エスパーニャもそうですし、そもそもグラン・ツールというのはそういうものなのですが)。
ですが、今年のコースはトリノから最終日のミラノゴールまで(サルディーニャ島、ヴェネツィア辺り、ブーツの踵にあたるプーリア州にはいかないものの)反時計回りにイタリア半島を走るレイアウト。
まさしく、「ジロ・デ・イタリア」という感じです。

今年はイタリア統一150周年のメモリアルイヤーですから、こういう設定になっているということも、あるんでしょうね。
トリノから今年のジロが始まるというのも、ここが150年前の統一当時のイタリ首都だった街であるからで、要するに統一150周年を記念してのことです。
各選手の背中のゼッケンもイタリア国旗のトリコロールカラーになるなど、祝賀ムードの濃いレース開始となりました。

今年のコースは本当にハードなもので、距離も長ければ厳しい山岳ステージも多く、選手達にはかなりキツイものだと言えます。
即ち、その分だけ観る側にすれば楽しみが多そうだ、ということを意味します。


さて、この日のチームTTを制したのは、あまりに予想通りでちょっと面白味はありませんけれども、HTCコロンビアでした。
彼らにすればここは取らなければならないステージですので、スポンサー等から求められた成績をきっちりと出してきたということになります。

今大会はレディオシャックの別府史之が出場していますが、そのレディオシャックはステージ2位。
チーム内3番手でゴールした別府は、このステージの個人成績で8位に入っています!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/688-fe9537b3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫