「ZAMZA'N ROCK 2011 vol.2」

 2011-05-01
先月末の29日に、原宿の明治通り沿いにあるアストロホールで、ZAMZAのライブ、「ZAMZA'N ROCK 2011 vol.2」を観てきました。

アメリカでの展開を考え、バンド名を Zamza N banshee から ZAMZA に改めたこのバンドがどのようなグループなのかについては、以前のエントリや公式サイトをどうぞ。

ところで、私のことを直接知っている人にしばしば言われることがあります。
それが、こういうライブに行って体を揺らすことで溜まったストレスを私が解消しているということが、すごく意外に思えるらしいということ。
一見したところのキャラクターに合わない、ということのようなのですが。
そうか、そんな風に見えるのか……。

そのパターンで考えてみると、私がCDを所有しているミュージシャン、ライブに行っているミュージシャンの中で一番意外に思われそうなものの1つが、この ZAMZA だと言っていいでしょう。

轟音ロック、ラウドロック、ハードロック。
彼らの音楽を表現するとしたら、そんな言葉が適切なところだと思われます。
上記の公式サイトで視聴もできるので、興味を覚えた人はちょっと聴いてみて下さい。


さて、今回のライブで ZAMZA はかなり大胆なことをやっています。
それが、チケット代の設定。
通常、ライブハウスでのワンマンとなればチケット1枚で大体3,500円~5,000円くらい。
それに加えて、ドリンク代としてプラス別途500円かかったりするものです。

それが今回のライブでは、より多くの人が足を運べるようにと、1枚2,500円の価格設定となっていました。
この値段だと、あるいはライブの収支はほとんど利益なしになるかもしれませんが、そのデメリットと、自分たちの音楽をより多くの人に生で聴いてもらいたいという望みとを秤にかけて、こういう形を選択したということなのでしょう。

言ってみればライブの価格破壊です。

ちなみに、別途ドリンク代はそのままなのです。
まぁ、ここがライブハウス側の大きな収入源ですから、そこは致し方がないところでありましょう。
バイトで生活費を稼ぎながら音楽への夢を繋いでいるようなアマチュアにはさすがにできない話でしょうけれども、メンバーのそれぞれが一定の名を成しているバンドがこういうことをやるのは、個人的には大賛成です。

ちなみに会場で先行販売していたライブDVDの価格も2,500円。
全11曲50分収録ですので、こちらも安価だと言っていいでしょう。

月族 tsukizoku月族 tsukizoku
(2010/05/19)
ZAMZA
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/687-35349f36

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫