「蒼穹のファフナー HEAVEN&EARTH」

 2011-01-03
TVシリーズ本編の話は概略は覚えているけれどディティールは忘れかけているし、どうしようかなと散々迷っていたのですが、結局、シネマサンシャイン池袋まで行って観てきました、『蒼穹のファフナー HEAVEN&EARTH』。

例によって、公開されたばかりの作品ゆえにネタバレに繋がりかねないような内容紹介は自粛しておきますが、何と言うか、もの凄い密度の高い作品でした。
本作については、科白の1つ、映像の1シーンに至るまで、聴き逃し、見逃しをしてはいけません。
細かいところで微妙な部分もありはするものの、一応、かなりの部分は理解したつもりではいるのですが、この物語を本当に飲み込むには、複数回観る必要がありそうです。

だからといって、そこまで難解で不可解な作品と言うわけではないと思います。
多少の取っ付きにくさはあると感じましたし、確かに細かく具合的に説明をしてくれいるわけではないのですが、画やBGMの質は高いですし、ヒロインは魅力的で、腐女子の心を掴むBL的要素もばっちり盛り込まれています。
また、私のようなタイプのアニメファンとしては、かなり練りこまれて作られているであろうSF的な要素に大いに惹かれてしまいます。
物語の背骨となるべきテーマはTVシリーズの時と基本的に共通していると感じたのですが、そのテーマも普遍性を持っているものなので、観客にシンパシーを感じてもらえるようなものになっていると言えるでしょう。
このテーマについては今の時代になってますます「語られるべき意味」が増したのかな、とも感じられますので、作品の発表時期としては、かなりタイムリーだったのかも。

スタッフ、キャストの全員が全力を尽くして作ったのだなということが最初から最後までひしひしと伝わってくる、力作でした。

蒼穹のファフナーHEAVEN&EARTH イメージミニアルバム(DVD付)蒼穹のファフナー HEAVEN&EARTH
イメージミニアルバム(DVD付)

(2010/08/25)
angela
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/644-10c68f59

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫