「夢みる機械」製作続行、正式決定!

 2010-11-19
今年の8月24日に亡くなったアニメーション監督・演出家の今敏さんが製作中であった新作、「夢みる機械」の製作続行が、正式に決定されたのですね。
オフィシャルな発表は今月の12日だったようなのですが、私は平沢進のサイト経由で、先ほど知りました。

つまり、同作の音楽を担当するのは平沢進に決まったということなのですが、「千年女優」や「妄想代理人」、「パプリカ」でもいいものを作っていましたし、今回もきっと、クオリティの高い楽曲を仕上げてくれることでしょう。
個人的には、「夢みる機械」という作品タイトルならば「東京ゴッドファーザーズ」で組んだ鈴木慶一もアリなのではないかとも思ったりしました(ムーンライダーズに「夢が見れる機械が欲しい」という曲がありますから)。
が、現在発表されているビジュアルイメージなどから考えるに、両者のどちらかから選ぶならば、平沢進の方が、より作品にとってはしっくりくるような気もします。

いずれにせよ、監督の遺志を継いで製作に全力を投入しているであろうスタッフの方々に、今はここから応援の念を遅らせていただくだけです。
作品が公開の運びになったら、是非、劇場まで足を運びたいと思っています。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/627-658f6262

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫