「ゴールデンタイム」第1巻

 2010-09-23
『とらドラ!』の 竹宮ゆゆこ の新作は、大学生を主人公に、その恋愛模様を綴る青春モノ。

これ、電撃文庫ではなくてメディアワークス文庫向きの作品なんじゃないのかなぁ。
大学生という昨今のライトノベルにしては高めの年齢設定の主人公、大学を舞台にしておこるあれやこれやをかなりきっちりと描写をしていますし、地の文も(あくまでライトノベル的文法で書かれていますが)過去の作品より硬めで、ライトノベルの本来の主要読者であるはずの中高生には、少々ばかり重くなってしまっている気がします。
キャラクターの設定なんかはいかにもな部分があるので一般小説とはちょっと言えないとはいえ、「ライト」ノベルでも無いような……。

ならば、「大人向けのライトノベル」を志向していると思われるメディアワークス文庫こそが、本作の発表の舞台としては、現状、相応しいのではないかと。

が、これを電撃文庫で出した編集サイドの決断は、それはそれで面白いかも。
ラノベ業界の将来に対する危機意識の現れが人気作家の新作をこういう形で刊行させたのであれば、他作家、他レーベルからも本作に追随するような作品が今後出てくるのかどうか、興味深いところです。

とりあえず本作の続き、第2巻は来年の春に刊行予定。
ライトノベルにしては随分と間を開けてきますが、それだけ中身をしっかりこだわって書いてきてくれるものと期待して、待ちたいと思います。
やりようによっては、ひどくドロドロした恋愛ドラマにもできそうですが、あくまで「ライト」な恋愛、ラブコメに徹するのか、それとも行くところまで行ってみせるのか、その答えが楽しみです。

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
(2010/09/10)
竹宮 ゆゆこ
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/604-a87456dd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫