機動戦士ガンダム00 第8話

 2007-11-25
いわゆるロボットアニメであるという作品の性質上、
ドラマの為であれば、ある程度のご都合主義は一向に構わないというのが私の主義なのですが、
今回は、さすがにそれはまずいだろうと言わずにおれないことが、幾つかありました。

……刹那、口が軽すぎ。
彼がヴェーダによってガンダム・マイスターとして選ばれたのには、
才能など何らかの理由があるのでしょうが、
絶対秘匿事項であるはずのことを、そんなにあっさりと話してしまっていいのか?
この口の軽さは、彼だけではなく、組織にとって致命的です。
ラスト、マリナの乗る旅客機の前に姿を現したことも軽率ですし、
ティエリアではないですが、ソレスタル・ビーイングの為には、
彼を一刻も早く更迭すべきなのではないかと思えてなりません。

マリナもマリナで、外交的なこと、自国の国内事情などは、
初対面の人間にそんなに簡単にぺらぺらと話してしまっていいことではないでしょう。
それは外交官のやることではない。
アザディスタンには他に人がいないのか、
それとも、そんな彼女だからこそ敢えて外遊に送り出したのか。
AEU諸国を巡って太陽光エネルギーとその技術の無心をするという目的の為、
外交術を何も知らない無知なお姫様を敢えて送り込んで同情を誘うという策かもしれませんが、
そうだとしても外交のプロが随行員として同行していてしかるべきでしょう。
あるいはマリナが極秘に送り出された使節だったとしても、
さすがにこれも変な話で、以前から気になっていたことです。

更に、一瞬すれちがっただけで刹那を同郷人と断定したマリナには、
幾らなんでも無理がありすぎないかと、ちょっと唖然としてしまいました。
以前どこかで面識でもあったのかと思ってしまいましたよ、私は。
とりたてて特別な民族衣装を着ているという感じでもなかったですし、
アザディスタン(とクルジス)の民には、それほど目立つ外見上の特徴があるのでしょうか?
まぁ、そこはスルーしてあげるとしても、
その後に2人が会話をしているところに、何故護衛がつき従っていないのか、
テロの攻撃対象になりやすい市内のホテルから郊外に移動しようとしているのにしては、
SPらしからぬ行動です。

全ては刹那とマリナとを出会わせる為だとはいえ、
今回は、展開に無理がありすぎたかな……。

タグ :
コメント
たっぷさん、こんばんは。

2人とも、口が軽すぎですねえ。ちょっと驚きました。今までさんざん丁寧に設定説明をしてきたのに…。
とりあえず、ロックオン兄さんがカッコ良かったことだけ覚えておくことにしました(笑)
【2007/11/25 19:09】 | ゆーべ #PvuSrscg | [edit]
>2人とも、口が軽すぎ
そうなんですよね。
それは幾らなんでもないだろう、と思わされてしまったので、
今まで、これくらいならいいかとスルーしてきたことまで、
急に気になってきてしまいました……。
もっと上手いやり方があっただろうにと思うと、
ちょっと残念です。
【2007/11/25 22:02】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]
たっぷさん、こんにちは。
あんなにも「運命の出会い」を軽く書いて
なんかヒーローとヒロインが本当に粗雑に扱われて
るなぁと再確認してしまったのですが…。汗
むしろ脇のグラハムやらセルゲイ中佐の描かれ方の
繊細さが抜きん出ているので、
もう少し練ってつくれなかったのかなと思いますね。
【2007/11/27 15:54】 | 空想野郎 #OGPSQbQg | [edit]
空想野郎さん、いらっしゃいませ。

おっしゃる通り、予告で華々しく「運命の出会い」と謳っておきながら、あれは無いと思います。
第1話から最集話までの全部が全部、完璧な構成であれと要求するつもりはありませんが、今回は物語上のポイントとなる話のはず。
それがこれでは、やはり苦言を呈さざるを得ませんよね。

刹那とマリナの出会いより、刹那とグラハム、刹那とサーシェスの関係の方が余程しっかりと描かれているのは、どういうわけなのでしょう。
まさか製作側が重視しているのはそちらの方で、ヘテロな組み合わせはどうでもいいということなのかと勘ぐりたくもなります。
ドラマにおいて、主役とヒロインの出会いは非常に重要なはずなのに。

脇役をしっかり描き込むのは物語に厚みが出ますから結構なことですが、肝心の主役がぞんざいな扱いでは、意味が無いと思うのですが…。
【2007/11/27 18:32】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/55-67fb82c8

  • アニメ「機動戦士ガンダム00」第8話。【ぎんいろ。】
    第8話「無差別報復」 実行された爆破テロ。 それぞれの場所で思いに耽る中で、ロックオンの脳裏に幼き頃の記憶が蘇る。 狙い撃つ。狙い撃つぜ。その瞳に宿る感情は――怒り。 何故そんな格好を……と呟くアレルヤの前には、水着姿のスメラギ以下女性陣。 国際テ
【2007/11/26 00:01】
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第8話 「無差別報復」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 (1) 戦争の根絶を目指すソレスタルビーイングの前にその存在を悪と断じ、立ちはだかる組織が現われた。生み出される多くの破壊と殺戮・・・人々は憎しみの矛先をソレスタルビーイングへと向ける。だが、その一方で世界は少しずつ気づき始めていた、...
【2007/11/26 01:22】
【2007/12/11 19:56】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫