「Komm,susser Tod 甘き死よ、来たれ」

 2011-05-04
新劇場版も公開中の『新世紀エヴァンゲリオン』。

1995年から1996年にかけて、この作品のTVシリーズが本放送されていた時には私はもう成人していましたし、一部の熱狂的に入れ込んでリスペクトしていたような人達からは一線を画したようなポジションから観ていました。
それでも、放送はしっかりと全話を生でチェックしましたし、旧劇場版も全て映画館まで観に行き、サントラも複数枚所持しているくらいに気に入っている作品であることは間違いありません。

まぁ、私の場合はどうしても、『伝説巨神イデオン』や『機動戦士Vガンダム』といった富野作品からの影響という視点からも本作を捉えてしまいがちなので、純粋に本作にのめりこんで大ファンであると自負しているような人にすれば、煙たいだけ、煩わしいだけの厄介者かもしれませんけれど。

今回紹介するのは、その『エヴァンゲリオン』の旧劇場版完結編『Air/まごころを、君に』のクライマックスで使われた楽曲、「Komm,susser Tod 甘き死よ、来たれ」。



もともとこの劇場版に使われた楽曲は色々と明確に元ネタを指摘できるものが多いわけですけれども、それはこの曲についても同様。
が、まぁ、それをあれこれと言うことに意味は無い、でしょう。

読むだけで気が滅入ってきそうな歌詞やゴスペル的なコーラスアレンジ、かなり長く続くコーダ部分などなど、私としては色々とツボにはまるところが多くて、初めて聴いた時からお気に入りになっている曲です。

NEON GENESIS EVANGELION [DECADE]NEON GENESIS EVANGELION [DECADE]
(2005/10/26)
主題歌・テーマソング
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/544-c64b6ebb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫