「バーチャルスター発生学」

 2011-03-05
ここのところ半月程は、そんな気分であったこともあってこのカテゴリで紹介するアニメソングが同一傾向に片寄っていました。
具体的には、「切ない」テイストを持つ(と私が感じているもの)楽曲を優先していたわけですけれど、さすがにそろそろ目先を変えてみようかという気分にも。

そういう時に変に中途半端なことをしても仕方がありません。
ですから、ここは1つ、思いっきり針の振り切れているようなモノで行くべきだろう、というわけで、先日、「スタードライバー 輝きのタクト」に絡んで言及したことでもありますし、今回は、1997年放送のTVアニメ『少女革命ウテナ』における後半のED、「バーチャルスター発生学」を選んでみました。



うーん、格好良い。
この番組に使われたJ.A.シーザーの楽曲群、彼がどのような人物であるのか等については、私などよりも余程詳しい人が熱い情熱で詳細に語られていますから、ここで私があれこれと生兵法なコメントを書くことは致しますまい。

ですから私としては、ただただ、「格好良い」とだけ、記しておくことにします。

ところで『~ウテナ』と言えばこれも忘れてはいけないだろうという最重要楽曲がありますよね。
そう、「絶対運命黙示録」です。
今回紹介したい楽曲はもちろん「バーチャルスター発生学」の方ですが、『~ウテナ』から曲を紹介するのに同曲についてノーコメントで済ませるわけにもいかないので、以下に、そちらについても Youtube を貼っておきます。



他にも、個人的にはOPの「輪舞曲」なども好きなのですが、そこまでやりだすと際限が無くなってしまうので、今回はこの2曲で止めておくことにしましょう。
前回紹介の『ブレンパワード』もそうでしたけれど、この『~ウテナ』もBGMが素晴らしいので、機会があれば、是非、ご一聴を。
ただ、下にリンクを掲載したBOXを始め、サントラCDは既に入手困難なんですよね……これだけいい品物なのに、もったいないなぁ。

少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX
(2008/08/27)
サウンドトラック
商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/527-9d5f7739

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫