体重の倍以上あるんじゃなかろうか

 2010-08-01
三重県鳥羽市で7月31日に開催されていた鳥羽ビルフィッシュトーナメント国際大会で、今回が初参加の中学2年生、13歳の女の子が、99.6kgのクロカワカジキを見事に釣り上げたそうです。
ちなみにニュースに添付された写真のキャプションは、「体より大きいクロカワカジキを釣り上げる中学2年生」というもの。
その写真を見る限り、本体部分でも身長の1.2~3倍は行っていそうですし、カジキの特徴でもある長いクチバシも含めれば、1.5倍くらいはありそうです。
相手が女の子ですし、敢えてそこは触れずに済ませているのでしょうが、これ、重さで考えれば体重の倍くらいはあるのではないでしょうか。

そこで中学2年生女子の平均身長と平均体重をちょっとネットで検索してみたところ、身長が155.2cmで体重は47.9㎏とのこと。
公的機関のデータを見たわけでは無いので信憑性には多少の疑いがありますが、ひとまずこの数値を利用するとして……。
カジキと一緒に写真に写っている女の子の姿を見た限りでは平均的な体格に見えます。
記事にはこのカジキの全長が書かれていなかったのですが、まぁ、ここは、平均値で考えてみるとすると、ざっと体重の2倍の大物、と言っても差し支えなさそうです。

まるで「釣りキチ三平」だとの声もネットで見ましたけれど、なる程、確かに。
クロカワカジキと言えばブルーマリン。
そして釣りキチ三平には「ハワイのブルーマリン」編もあります。
今にも鳥羽一郎の「兄弟船」が流れてきそうな三重県鳥羽市とハワイとではロケーションもひどく異なるものの、これで連想するなという方が無理というものでしょう。

記事によれば彼女、3歳の時から釣竿を握り、7歳の時に13.35㎏のソウギョ、9歳の時には9.65㎏の鯉という釣果で、2つの世界記録を保持しているのだとか。
これで祖父が和竿職人で苗字が三平(みひら)だったら完璧ですが、さすがにそこまで冗談のような話ではありません。
そもそも性別も違いますしね。

ちなみにこの日における一番の大物カジキは、重さ154㎏、胴回り1.28m、全長3.25mだそうです。
大会は本日8月1日も開催されているようなのですが、さて、この女子中学生は、さらなる大物を釣り上げることができるでしょうか?
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/505-90de33a7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫