今年もツール・ド・フランスが終わりました

 2010-07-26
7月3日から21ステージに渡って開催された、今年のツール・ド・フランス。
3週間の熱い戦いもこの25日に無事、最終日のシャンゼリゼゴールを迎えています。

今年のツールはレースが開始してから最初のアタックがあっさりと決まったり、序盤で総合有力候補が大きな落車に巻き込まれてしまったりと、何だかいつもと違う雰囲気で展開して行くなという印象でした。
そんな中でも山岳賞やポイント賞を巡る攻防や、総合成績では、第18ステージにおけるツールマレー峠でのアンディ・シュレクとアルベルト・コンタドールの一騎打ちなど、見どころ満載の面白い大会だったと思います。


さて、それでは各賞の結果を書いておきましょう。


まず総合優勝のマイヨ・ジョーヌを手にしたのは、開幕前から優勝候補筆頭として下馬評も高かったアスタナのアルベルト・コンタドール。
2年連続、3度目のツール・ド・フランス優勝ですし、グラン・ツールということならば、これで5連勝。
出場したグラン・ツールは全て優勝するという記録をさらに伸ばすこととなりました。

ですが、今回は彼にとって実に厳しく苦しいツールでした。
前述のサクソバンク所属アンディ・シュレクとは最後の最後まで秒差で争う熱い戦いを繰り広げていて、結局勝利を決定付けたのは最終日前日の個人タイムトライアル。
ただ、事前に予想されていたほどのタイム差は2人の間に開かなかったのです。

もともとタイムトライアルはコンタドールが得意としていてアンディは圧倒的に不利と言われていました。
が、アンディもツールに向けて強化もしてきたのでしょうし意地もあり、向かい風が有利に働いたのもあるのでしょう、予想以上の好走を見せてくれました。
ただしそれでも、コンタドールにはまだ叶わなかった、というところ。
それでも、アンディ、これは大健闘です。
今後の自転車ロードレース界、グラン・ツールは、この2人のライバル関係を中心に回っていくのだろうなと、そう確信させられる2010年のツール・ド・フランスとなりました。


ポイント賞のマイヨ・ヴェールはここ数年の例に漏れず最終日のシャンゼリゼゴールまでもつれこむ展開。
サーベロテストチームのトル・フースホフトとランプレのアレッサンドロ・ペタッキの2人、それにHTCコロンビアのマーク・カヴェンディッシュを加えた3人の駆け合いの結果、この栄誉を手にしたのはペタッキ。
彼がこのシャンゼリゼでマイヨ・ヴェールの表彰を受けたのは、そういえば、何だかんだでこれが初めてか……?


山岳賞のマイヨ・アポワ・ブラン・ルージュは、今回日本人として初めて2年連続出場を果たし、そして見事に2年連続完走まで成し遂げたBboxブイグテレコムの新城幸也のチームメイト、アントニー・シャルトーが獲得。
ブイグテレコムはステージも2勝しましたし、新城他の選手がステージ1ケタの成績を残した日も多く、チームとしては大成功のツールとなったと言えるでしょう。

現在のメインスポンサーであるブイグテレコムが今年限りの撤退を表明しているチームですので、これで、来年以降のスポンサーとして我こそはと手を挙げる企業が出てきてくれれば新城の為にも嬉しいことなのですが、さて、どうなるか。


25歳以下の選手が対象となる新人賞のマイヨ・ブランは、総合争いでコンタドールに破れたアンディ・シュレクが獲得。
なにしろ総合2位ですからね、これはもう、圧勝と言っていいでしょう。
ただし彼が狙っていたのはこのジャージではなくて、もちろん、総合首位のマイヨ・ジョーヌだったわけですが。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/503-e0355e81

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫