日本×パラグアイ戦

 2010-06-30
惜しかった……!

その一言に尽きる結果ではないでしょうか。

結局最後はPK戦で負けてしまったわけですけれど、今回の南アフリカ大会での日本代表の内容は、今まで出場してきた過去のどの大会よりも良かったと感じています。
まさしくギリギリの戦い、わずかな差でベスト8進出を逃してしまいましたが、ここは代表メンバーの健闘を称えたいと思います。

大会開幕前は、どうせ1次リーグの3試合を全て負けて3連敗で終わるだろう、なんて考えていたこと、見くびっていたことをここに改めてお詫びいたします。
本当に申し訳ありませんでした。

サッカー協会はこれから次の代表監督の選考に入るのでしょうね。
おそらく既に候補者はある程度固まっているのでしょうけれど、誰が就任するにせよ、今回の南アフリカ大会の収穫と反省を生かして、更なるレベルアップ、強化を図ってくれるものと信じております。
そしていつの日か、今大会では叶わなかった目標である、ベスト8、ベスト4への進出を果たしてほしいものです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/493-f914e7ee

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫