さあ、次はドーフィネ・リベレです!

 2010-06-06
HDRに録りためていたツアー・オブ・カリフォルニア全8ステージ、ようやく観終わりました。
観た、と言っても、モニターの前でずっと画面を追っていたわけではなくて、勉強をしていながら、そのBGVとして流していたのですが。
普段観ているのは主にヨーロッパのレースですから、こうしてその他の国で開催されているレース映像を観るのもいいですよね。
春先のカタールとか。

レースの結果はチームHTCコロンビアのマイケル・ロジャースが、4連覇を狙ったレディオシャックのリーバイ・ライプハイマー等のライバルを下して総合優勝。
オージー、ジロ・デ・イタリアだけではなくて、こちらでも大活躍です。

それにしても、リクイガス・ドイモのペテル・サガン、凄いなぁ。
これはまた、有力な若手が出てきましたね。
ここ数年、ドーピング・スキャンダルが取り沙汰されることが多く、マイナスイメージも大きい自転車ロードレース界ですが、こうして有望な若手が登場し活躍してくれるのをみると、まだまだ大丈夫だと、そう思えてきます。

自転車ロードレース、私がハマッた頃にはまだまだ非常にマイナーなスポーツでしたけれども、J-Sports の中継放送は年々拡大していますし、日本でも人気が高まってきています。
レディオシャックのスポンサーに日産がついてるのも、日本の経済界がこの競技の宣伝媒体としての可能性に目を向けているという意味で、いいニュースですよね(ちなみに、自転車ロードレースには、今までにもダイキン空調はじめ複数の会社がスポンサーをしていたという事実があります)。
このスポンサー契約、なるべく長続きして欲しいものです。

そして今晩からは、ツール・ド・フランス前哨戦の1つ、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ・リベレが始まります。
今年から主催がツールと同じASOに変わったそうで、ラルプデュエズでの山頂ゴールというステージもあるので、熱い戦いを期待できそうです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/481-e6676caf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫