今は、勝者を称えます

 2010-05-31
何度か途中経過をお伝えしてきた今年のジロ・デ・イタリアも、3週間21ステージの全日程を終えて、ゴールのヴェローナに辿り着きました。
今年は大荒れの総合争いとなって本当に最後の最後まで何がどうなるか分からない状態でしたが、結局、最終日の表彰台で中央に上ったのは、リクイガス・ドイモ所属のイヴァン・バッソでした。

私が1番応援していたBMCレーシングのカデル・エヴァンスは、今回も総合優勝には手が届かず。
本人のコメントを見るに、どうやらレース中盤からこっち、体の調子をどこか崩していたような気配もありそうなのですが、エヴァンス自身も良く分かっている通り、そういうコンディション管理も含めての勝負ですから……。
それに、バッソは確かに強かった。
チームもほぼ完璧にそんなエースをサポートしていましたし、あれだけライバル(とそのチーム)が仕上がっていては、アシストが弱くて孤軍奮闘のエヴァンス、しかも本当に何らかの問題を抱えていたのだとすれば、総合優勝を獲るのも、かなり難しかったのでしょう。

残念ですし、悔しいことなのですが、これはもう、素直に勝者を称えるしかありません。


ちなみに今回のジロに出走していた日本人、Bboxブイグテレコムの新城幸也選手ですが、無事に全日程を走り終えて、見事に完走を果たしています。
ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの双方を共に完走したことのある日本人選手というのは、彼が初めてでは無いでしょうか。

7月に開催される今年のツールにも出走するかどうかは今後チームの上がどう考えるか次第ですが、これは楽しみが増えたかもしれません。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/478-dde23a62

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫