3月終了アニメ雑感

 2010-03-28
番組の改変期がやってきました。

となれば、いつものように2010年第1クールに放送された作品について感想を書くべきだと思うのですが……正直、あまり書きたいと思うモノがないのです。
しいて何か書くとすれば、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」についてくらいですか。

世界設定は好きなラインのデザインでしたし、大島ミチルの音楽も良かった。
思わず、サントラを買ってしまいました。
惜しむらくは、話として、やや散漫になってしまったこと、ですか。
あるいは、この作品でスタッフが描こうとしていたことをしっかりと描くには、1クールでは足りなかったのかもしれません。
最後のローマ軍との対峙も、もうちょっと盛り上がれば、良かったのに。
アメイジング・グレイスをローマ兵が知っていたという設定も、もう1つ、使いきれていませんでしたしね。
「ビルマの竪琴」か「マクロス」か、というようなストーリー展開は、嫌いじゃありませんけれど。
天使の設定も、以前、過去の文明崩壊の際の映像がちょっと流れた際、タケミカヅチの軍団が戦っている相手について、ビルのガラス面に翼が映ったりしていたので、あるいは、そういうことかな、とは思っていましたけれど、それでもいかんせん、描写が足りていないかなぁ。
オリジナルの物語で頑張ってくれたことは、素直に評価したいと思うんですけれどね。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/448-51e468fa

【2010/03/28 01:08】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫