そんな日常

 2010-02-21
例の事件以来実施が見合わせられていた秋葉原の歩行者天国ですが、復活させる方向で検討が進んでいるようですね。
先日所用があって秋葉原の中央通りを歩くことがありましたけれど、平日の昼間だというのに人出はかなり多くて、正直、歩道を歩きにくくてなりませんでした。
これで週末だったりしたらもっと凄いのでしょうから、歩行者天国が復活してくれた方が、人の流れはかなりスムースになるのだろうなと思います。
いわゆるオタク産業はマーケットとして、あんまりにも閉じているように思えてならず、その消費者の1人としてそこがどうにも気になってならないのが現状ですけれど、そういうことはさておいても、秋葉原のホコテン復活は、明るい話題の1つであることに変わりはありませんよね。

明るい話題と言えば、バンクーバーのオリンピックです。
なかなか金色のメダルまでは手が届かない中、それでも各競技の代表選手達が全力を尽くしている姿というのは、なんだかんだ言っても爽やかに感じられるもの。
仕事がちょうど忙しい時期に重なってしまっているので、あんまり中継を観ている時間もないのですけれど、夜のスポーツニュース等で結果はしっかりとチェックしています。
運営サイドの不手際とか、服装・口調問題とか、まぁ、競技そのもの以外のところで雑音が色々とあるオリンピックではありますが、そこはスポーツの祭典。
こういうスポーツイベントがもともと好きな私としては、やはり気持ちの盛り上がりは止められません。

また、私の愛する自転車ロードレースもシーズンが始まりだしており、既に暖かい地域で幾つかのレースが行なわれています。
例年、春のクレシックに射程を合わせているトム・ボーネン辺りは、今年も順調な仕上がりを見せているようですね。
まぁ、こちらはこちらでレース外の部分での雑音が多いのですけれど……。
昨年ツール・ド・フランスを完走した2人の日本人選手も、新城はまずまずいい感じのシーズン・インを飾っているようですし、別府もチーム移籍でのごたごたがクリアになって晴れてレディオシャックの一員となったとのことで、これから春のシーズンが本格化していくにあたり、どんな走りを見せてくれるか、期待感は嫌でも高まります。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/430-1e7ff930

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫