東アジア選手権 日本×香港

 2010-02-11
このブログでスポーツのネタというと自転車ロードレースの話ばかりの私ですが、年代的にはズバリ「キャプテン翼」世代であり、小学校の頃は放課後の課外クラブ活動もやっていたので、サッカーも好きです。
で、サッカーといえば、現在、大きな注目を集めているのが、東アジア選手権における日本代表です。
何といっても今年はワールドカップイヤー。
あと4ヶ月が経過すれば南アフリカでW杯が開幕するのですから、そりゃあいつも以上に注目されて当然ですよね。

そんな中、ここ2試合連続して 0-0 のスコアレスドローが続いた日本代表。
前回の中国戦では、試合終了後にサポーターのブーイングも浴びたのだとか。
今日の試合は、明らかに格下の香港代表が相手。
ここで点が取れないようではかなり重症だという、ある意味でギリギリ崖っぷちの試合となりました。
しかしまぁ考えてみれば、得点力不足なんてのは、アジア大会でもワールドカップでもいいですが、何かしら大きな大会がある度にその時の日本代表について言われ続けて来た問題点なわけです。
それが未だに解決されていないということは、ゴールハンターの不在というのは、実のところ日本人のメンタリティーというようなところに、深く関わってくることなのかもしれない、なんてことも考えたくなってきてしまいます。

何を与太を。
そんな馬鹿なことがあるものか。
と、ざっくりと切って捨てられればいいのですが。

当たり前の話ですが、サッカーは減点方式の競技では無い以上、点を取れないチームは、何をどうやっても勝利を挙げることはできません。
だからといって、(ファンとしての焦りもあるのでしょうが)ここにきて監督交代論が一部で浮上してきているのは、それはちょっとどうかな、と思います。
オシム監督の時のような体調不良とか、あるいは選手と監督の間に余程の亀裂でも走ったのであればともかく、そうでも無いのに、W杯本番直前という、チーム作りにとって大事な時期に監督の首を挿げ替えて、それで何とかなることでしょうか。
得点力不足ってのは、突き詰めてしまえば監督の問題というより、選手の側の問題なのではないか。
そう考えれば、今の日本代表が本当に南アフリカW杯でベスト4を目指そうと本気で考えているのであれば、その為に必要なのは、監督を交代させることではなくて、実はどこかの国から実力のあるストライカーを引っ張ってきて日本に帰化させることなのかも。
その辺、FIFAの規定はどうなっているんでしょうね。
どのタイミングまでに帰化すれば、W杯に出場できるのかな?
ま、これこそ「与太」な話ですが。

(以下は試合の結果に触れるので、折り畳んでおきます)

結局、今日の香港戦の結果は 3-0 で日本の勝利。

一応、きちんと点を取って勝ったのは、良かったなと思います。
ですが、ここは決めなくちゃ駄目だろう、というところでゴールを逃した場面ばかりが目に付いたような印象もあって、内容はまだまだだという感じでした。
けれど、これでまた無得点に終わってしまったならば、サポーターの感情がどうこう言うよりも前に、選手達の精神が大きなダメージを蒙ることになってしまいますから、点を取れたことは、とりあえずの安心材料。

次の韓国戦が、大きなヤマですね。

それにしても、韓国戦のことが気になるのはわかるけれど、フジテレビの実況担当、香港と韓国を言い間違えすぎ。
猛省を願います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/426-bcc7a14d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫