1月開始アニメ雑感 その2

 2010-01-11
1月開始新番組の、第1話を観ての簡単な感想、第2弾です。

①「デュラララ!!」
第1話は丸々全てが登場人物の紹介で終わってしまった感じ。
しかも科白でしか出ていない者も多々いるので、その辺を今後どのようにフォローして行くのかが興味深いところ。
何しろ本作は群像劇らしいので、これから先、様々なキャラクターの行動が交錯しながら物語が紡がれていくのだろうと思えば、そうして織り成されるタペストリーがどのような模様になるのか、いっちょお手並み拝見という気になってきます。
原作を未読だから先の展開を知らないというのが、この場合非常にプラスに働きますね。
話が転がりだしたら面白くなるかもしれないという予感はしているので、とりあえずしばらくは観続けてみようと思っています。

②「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」
これはまた、思いっきりクセ球を放ってきた第1話ですね。
出だしこそはちょっとドキリとしましたけれど、すぐに、これは面白い趣向だと思って一気に作品に引きこまれてしまいました。
基本的な構造、設定を視聴者に説明することに終始した第1話という点では上記の「デュラララ!!」と似ていますが、手法は大きく違います。
かなり大胆なことをやってきた第1話でしたので、これで喰いつく人と、2話以降はもう観ないと決めた人と、随分はっきりと分かれてしまったのではないでしょうか。
個人的に、こういう冒険は好きな方なので、こちらもしばらく観続けることにします。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/412-76454cad

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫