メトロファルス Rockon Live 2009 (六根ライブ) パラミッター・ナイト

 2009-11-29
28日の夜、青山にあるライブハウス、青山FABでメトロファルスのライブを観てきました。

アイリッシュトラッドを取り入れて和物の大衆歌等とミックスしてオリジナルの音を作り出した、という点で、メトロファルスとソウルフラワーユニオンは似ているかもしれません。
そして、アイリッシュトラッドとプログレ的変拍子のミックスという点では、Zabadak に通じるものも。
となれば、それ等のバンドのライブが大好きな私が、メトロファルスのライブを気に入らないわけがない、と言っても、それはあながち過言ではないでしょう。
実際メトロファルス、そのアルバムを結構苦労しながら、きっちりと手元に揃えたくらい、好きなグループなのです。

さて、実際のライブの感想ですが、いやいや、これはかなーり良いのではないでしょうか。
今回のライブは全部で8人という大編成。
それ等の実力あるメンバーが生み出すのは、なかなかの祝祭空間。
ヨタロウのクセのあるボーカルも、生で聴くと、CDよりも更にインパクトがあって圧倒的でした。
例えばソウルフラワーが底抜けに高く澄みわたった青空の下で大衆を巻き込んで騒乱的に行なわれるハレの祭りに相応しいとしたら、メトロファルスはもうちょっと日陰の、関係者以外には基本的に知られていないマイナーな、だけれど地元では熱狂的に盛り上がる祭りという感じ。
……我ながら分かり難い例えかも。

ともあれ、こういうグループが活動を続け、ライブを行なっているというだけで、日本の音楽シーンはまだまだ大丈夫。
確かに、メジャーレーベルで製作できないとか、CDの売上が落ち続けていてレコード会社の経営が危なくなって来ているとか、色々とありますけれど、“ROCK'N ROLL NEVER DIE!”。

来年は30周年のメモリアルイヤーを迎えるメトロファルス。
4月に入手困難になっていた旧譜のリイシューが予定されている他、秋にはオリジナルのニューアルバムを出したいと思っているそうで、凄く嬉しいニュースです。
とりあえず、5月に渋谷のO-EASTでライブをするつもりらしいので、こりゃあ、何としても行かなくては!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/391-cadf726e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫