そんな日々

 2009-11-25
高速道路料金1000円への対抗策の一環なのかどうかは分かりませんが、JRが年末年始の新幹線を増発するそうですね。
商品名というか企画名は、「ふるさと行きの乗車券」。
何だか 中島みゆき ファンの私としては、アルバム『あ・り・が・と・う』収録の名曲「ホームにて」を思い出さずにはいられないフレーズです。
が、まさかJRとしても乗ろうとして乗り込めなかった「ネオンライトでは燃やせない」乗車券になることを期待しているわけではないでしょうし、良くあるネーミングだと言ってしまえば、それまでです。
自動車での帰省は運転手であるお父さんは大変ですが、ドアツードアで移動できるというのが小さい子供連れには大きなメリットでしょう。
JRが車内混雑具合の解消程度でその不利さを巻き返せるかどうか、興味深いところです。

話は変わりますが、私の勤め先のある吉祥寺のランドマークの一つ、手芸・事務用品の専門店舗ユザワヤは、テナントで入っているビルの建て替え工事に伴って一時的に縮小されて来年2月に一旦閉店し、4月から工事終了までマルイの中に移転することになっています。
うちの事務所はここでいつも事務用品を買っていて、とはいえ大体のものは他でも買うことができるようなものではあるのですが、中には吉祥寺ではここにしか置いていない、というようなものもありました。
その中でも、クライアントへの返却用資料の整理等で良く使っていたのが、板目紙。
縮小されるユザワヤは当然のこととして既に取扱商品を減らすことを始めており、その対象にこの板目紙も含まれていたものですから、これはちょっと大変。
これがまた、そういう時に限って事務所内在庫が無くなってしまうものなんですよね。
取り寄せはおそらく可能なのでしょうけれど、それでは時間がかかる。
私としてはかなり急いで必要なものだったので、連日仕事で移動するついでにロフトに行ってみたり世界堂に行ってみたりと、あちこちを当たってみましたが、これが販売していない。
そんなにマイナーな商品になっているのかと思いつつ、駅からの距離はあるしついでに寄るというような場所でもないのですが最後の希望として足を伸ばしたのが、渋谷の東急ハンズ本店。
本店といってもそれぞれのフロアはそこまで広いわけではないし、どうかな、と思っていたら、あった、ありました、板目紙。
消費税法の総額表示の規定故か、レジの迅速化の為か、1枚1枚全てに値札シールが貼られているのがユザワヤと違って使い勝手が悪いのですが、そんなことよりも重要なのは、板目紙を扱っていてくれたという、その一点。
いやぁ、助かりました。
さすがはハンズ、と言わせていただきましょう。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/389-cb2527c4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫