リクオ ワンマンライブ at 南青山

 2009-10-26
先の土曜日は午後に千駄ヶ谷に用事があったので、これは都合がいいと、朝一で乃木坂の新国立美術館に行き、「ハプスブルグ展」を観てきました。
アイテム数がもっとあればなという気はしましたが、でも、来ているもの自体は非常に素晴らしく、多くの名品を観ることができたので、非常に実りのある展覧会でした。

そして午後の用事を片付けた後は、外苑前駅近くのコンビニで次姉と待ち合わせをして当日の予定のハイライト、リクオのライブの為に、南青山のライブハウス「月見ル君想フ」へ。
初めて行くハコだったのですが、建物の前は過去に幾度も通ったことがあるので、迷わずに辿り着くことができました。
今回はベース、パーカッション、チェロ、ヴァイオリンを従えたフルバンド形式。
9月に出したライブDVDの発売記念スペシャル・ライブということだったのですが、おそらくそういう理由があるが故に編成を大きくしたのでしょう。
それも一つのモチベーションになったのか、この日を自身が楽しみにしていたというリクオは1曲目から、既にハイテンションで、客を煽ること、煽ること。
のっけからフルスロットルで突っ走るライブはそのまま勢いをゆるめることを知らず、一気に2時間半弱を駆け抜けました。
やっぱり、盛り上げ上手のエンターテイナーです、リクオは。

私がいたところからはピアノがブラインドになってしまってリクオの手元、タッチを見ることができなかったのですが、ストリングスコンビの正面だったので、弦の音をしっかりと聴くことができ、バンドの作り出すサウンド、グルーヴを充分以上に堪能することができました。
ギターレスの編成ですが、リクオのピアノがものすごくソウルフルに情熱的かつ饒舌に歌いまくるので、むしろそれに合わせるにはギターよりも、今回のようにチェロやヴァイオリンが絡んだ方が、サウンドのトータルなバランスが、私の趣味から言っても心地良かったです。
こ……これは、クセになる。

客層は男女比が半々ってところだったでしょうか。
ステージに声をかけるのは野太い男の声が多く、なんだ男か、とリクオもそれをネタにしていましたけれど、男がその格好良さに惚れるタイプですね、リクオは。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/376-86a753f1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫