活字中毒者の個人的な憤慨

 2009-10-14
この間、何気にTVを眺めていたら、「1分間の深イイ話」で、最近の小説単行本は紙の種類を変えている、という話が紹介されていました。

今までのものよりも厚さのある用紙を使うことで同じページ数でも本が厚く感じられ、読み終えた読者に自分は読書をしたのだという達成感を与えられるからだ、という理由も含め、以前から知っていた話なので、新鮮味は無かったのですが、でも、これ、そんなイイ話、かなぁ?
出版不況、若者の活字離れという趨勢を打開する為の出版社側の対策の一つ、経営上の戦略として考えれば、わりに深い話だとは思いますけれど、そんなにイイ話では無いように個人的には思うのですが……。

前にもどこかで書いたような気がしますが、この風潮、私としてはまるで歓迎していません。
肉厚になっても手にした時の重さが変わらないような用紙を使っているというのはいいとして、もっと薄くて済むはずの本が厚くなってしまうというのは、非常に困るのです。
まず、通勤中に読む際に、片手で持ちにくくなってくる。
それからもちろん、カバンに入れて持ち歩くのに邪魔になるというのもあります。
何より大きいのが、本棚なり段ボールなりに収納するときに、もともと嵩張る単行本が、さらに場所を取るということ。
もう、勘弁してください。

特に一般に売ろうという娯楽的軽小説に多いのですが、最近の本はそれに加えて活字のサイズも大きく、行間も広くなる傾向があり、つまり1ページに収まる情報量が明らかに少なくなっているのも、読んでいて物足りないことの一つ。
というか、これだったらもっと字をつめて印刷し、ページ数を減らして、その分だけ価格を下げてくれ、と言いたくなってしまうのです。

もちろん、出版業界の現状を考えれば、1人でも読書好きを増やそうという動きは必須です。
私としても出版社に倒産されてしまっては困るので、この動きが本当に読書家を増やすのであれば、それは決して否定するようなことでは無い、と理屈では分かっているつもりです。
つもり、なの、です、が、でも、感情は……。

以上、非常に個人的な愚痴でした。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/371-8ce5f230

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫