リオ・ブラボー?

 2009-10-03
2016年の夏季オリンピック開催地、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに決まりました。
何のかんのと言っても、やっぱり「南米初開催」という売り文句は強かった、ということなのかなぁ。
もちろん、全てにおいてそれだけが理由でリオが選ばれたわけでもないのでしょうが。

当初は一番優位なポジションにいるのではないかとも言われていた(まぁ、日本のマスコミの言っていたことなので、話半分~八分くらいに聞いておかなければならないかもしれませんけれども)のが、東京でした。
が、結果は候補4都市中第3位で落選。
他候補都市の巻き返しに対抗するだけの有効な手が打てなかった、IOCに指摘されていた五輪開催に対する国内世論の支持率の低さといった問題点をクリアしきれなかった、招致活動において会場設営などのハード面でアピールはできていたもののIOC委員の感情に訴えて一票を獲得するといったソフトの面での活動ができていなかった、等の敗因が挙げられているようです。

まぁ私はもともと支持率の低さに貢献していた側の人間でしたので、今回の五輪招致失敗に対して、さほど悔しい気持ちが湧いていたりもしないのが実情ですが。
しかし、招致運動はタダではできないもの。
あれやこれやと既にそれなりの金額が今回の運動に投入されているのは事実です。
次回(があるとすれば、ですが)の五輪招致、サッカーW杯他の様々な国際大会の招致にもこの経験は活かせるでしょうから、全くムダになったとまでは思いませんが、何だかちょっとばかり虚しくなったりも……。

あ、でも、もしも本当に東京五輪が決まっていたとしたならば、自転車ロードレースと個人TTは、沿道まで観に行きたかったかも。
それは、結構残念。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/367-e8064a9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫