クネゴとエヴァンス!

 2009-09-07
ブエルタ第8ステージ、今年最初の山岳ステージは、ランプレのダミアーノ・クネゴが山頂ゴールを一番に走り抜いてステージ優勝。
ワンデイのクラシックではかなりの強さを見せるクネゴも、グラン・ツールでは精彩のない走りをしているというイメージが強かったのですけれど、今回のブエルタで、見事に山岳ステージを制しました。
放送内で解説陣も言っていましたけれど、久々にグラン・ツールでクネゴが輝きを放たっという感じですよね、やはり。
おそらくかなりの想いがこもっているのであろうガッツポーズが、印象的でした。

そして総合首位の座はサイレンス・ロットのカデル・エヴァンスの手に。
総合優勝候補として乗り込んだ7月のツールでボロボロの走りをしてしまい、チームとの間に大きな不協和音が発生していたという彼も、心機一転、乗り込んだブエルタで、こうして総合争いにきっちり名前を出してきてくれたので、これで私としてもちょっと一安心というところ。
ただ、総合上位陣はまだまだ僅差でひしめいているので、エヴァンスがこのブエルタで勝利をものにできるかどうかは、もちろん今後のステージ次第なのですけれど。
頑張れ、エヴァンス!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/356-cc09bce0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫