別府がまた来た!!

 2009-07-25
ツール・ド・フランス第19ステージ、3週間を走ってきての中級山岳ステージの最終局面は、アシストの力を借りて山を超えてきたスプリンター達の掛け合いの中に、なんとスキルシマノの別府史之の姿が!!
大会の最終盤で全ての選手が疲労蓄積している中、もちろん別府だってそれは例外ではない。
なのに、どんどん選手がちぎれて人数が少なくなって行く集団に最後まで残り、集団スプリントに全力で参加してくれました。
さすがに、ステージ優勝をして今大会5勝目をあげたマーク・カベンディッシュや、ポイント賞のマイヨ・ヴェールを着て2着に入ったトル・フースホフトといったピュア・スプリンターに勝つのは難しかったですが、そんな彼等とタイマンをはって、堂々のステージ7位ですよ、7位!

これで、今年のツールで日本人がステージのリザルト10位以内に入ったのは、第2ステージの新城5位、第3ステージでの別府自身の8位に続き、3回目。
3回……まさか、ツール・ド・フランスのステージ結果を告げる順位表で、日本人の名前が、国旗が表示される日が3回もあるなんて、ツール開催前に誰が予想したことでしょう。
この競技のことを知らない人には「でもステージ優勝したわけじゃないんでしょ」と言われてしまうかもしれませんし、それはそれで、間違ったことを言っているわけではないのですが、やっぱり、以前から自転車ロードレースを好きで、レース映像のTV放送を観続けてきた身としては、この結果には、思わずこみあげる涙を押さえることができません。

明日はモンバントゥーの山頂ゴールなので、別府も新城もタイムアウトしないように自分のペースで走り切るだけでしょうが、最後のシャンゼリゼでのステージでは、2人のどちらかが、また何か魅せてくれるかも?
というか、日本人初のツール完走をこの2名が成し遂げてくれるということは、もう少しも疑っていないなぁ、私……。
ツール開始当初は、完走するだけでも歴史的なことだと思っていたはずなのに。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/336-393170c4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫