7月開始作品 雑感

 2009-07-06
番組入替のシーズン。
6月終了のプログラムに対して感想を書いた以上、7月から始まるものについても、いつものように雑感を書かなければならないでしょう。

①「青い花」

実のところ、こういう淡い色彩設計はあまり好きな方ではありません。
水彩風の空気感も、アニメでやられるとちょっと苦手だったりするのですが、しかし、この作品には合っていますね、これは。
基本的には穏やかに時間が過ぎていく物語なので、こういう風になるのは良く分かりますし、しっかり丁寧に作られているな、と感じました。
演出もいい感じですし、とりあえず、もうちょっと観てみることにします。

②「化物語」

演出の濃さはいかにも新房監督らしい。
個性が強いのは悪いことではなくて、逆に良いことではあるのですけれど、彼の監督作品はどれを観てもこんな感じなので、やや食傷気味になってきている面も、あります。
特に今期は「懺・さよなら絶望先生」とこの「化物語」の2作品が同時に放送開始ということで、新房演出のアクの強さに疲れてしまわないかと、ちょっとした不安が先に立ちます。
幾原邦彦の「少女革命ウテナ」の域にはまだ届いていないと思いつつも、新房昭之の演出家としての才能は、それなりに評価しているんですけれど、ね。
「化物語」という作品については……第1話だけだとまだ何とも。
作品の空気を視聴者に提示することには成功していたと思うものの、何かしらのコメントをできるほど、物語が伝わってきていないので。
とりあえず、次回も観てみることにします。

③「懺・さよなら絶望先生」

良くも悪くもこれまでの2シーズンと大きく変わらないいつも通りの内容。
ファンが求めているものはそれであるのだと思われますし、製作側のスタンスとしてそれは決して責められることではなく、むしろ肯定されるべきことでしょう。
個人的には、作品で遊びすぎだと、ちょっと不満もありますし、さすがにマンネリだなと思わないでもないのですが、まぁ、できは悪くないですよ、実際のところ。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/322-e2ae46ff

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫