クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ・リベレ プロローグ

 2009-06-08
7月のツール・ド・フランスへ向けた最終調整の前哨戦といえば、昨年までは日本ではツール・ド・スイスしか放送していなかったのですが、今年から、2大前哨戦のもう片方、8日間で行われるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ・リベレの生中継が始まりました。

これは、ブイグテレコムの新城選手がこのレースに出場することと全く無関係ではないでしょうが、仮にそれが無かったとしても、遅かれ早かれ年間の放送スケジュールに組み込まれるだろうと思っていたビッグレースです。
でも、うん、偉いぞ、J-Sports!ありがとう、J-Sports!!
その新城選手ですが、この大会に出走したということは、チームが彼をツール・ド・フランスのメンバー候補として選ぶ可能性が高いことを意味していますし、ここで一定の結果を出せば、夢のツール出場だって充分あるはず。
スキルシマノの別府選手も、チームのツール候補選手リストに名前が入ってましたし、同チームの土井選手もルクセンブルグで好成績を出しているという話もあります。こりゃあ場合によっては、今年のツールは日本人が3人出場するかも……って、それはさすがに無いか?

あと、この大会で注目なのは、アスタナのアルベルト・コンタドール!
ジロの頃には資金繰り悪化による賃金不払い問題でチームの存続さえ危ぶまれていましたが、どうやらそれは解決されたようで、ツールへの出場、そしてコンタドールがエースであることは確定されました。
となれば、モチベーションの高いコンタドールが、このドーフィネでも総合優勝を狙ってくるのではないか、当然カデル・エヴァンスやアレハンドロ・バルベルデ、ヴィンツェンツォ・ニバリといったライバル達はそれを阻止せんと迎え撃つはずで、その争いも非常に楽しみです。

で、個人TTのプロローグを制したのは、なんとエヴァンス。
2位には8秒差でコンタドールが入っているのですが、今年のエヴァンスのこれまでの成績を考えれば、まさかここで彼がここまでのタイムを叩き出してくるとは、申し訳ないのですが、予想していませんでした。
これは、ツールでもエヴァンス、期待できるかも。
うーん、エヴァンスも好きだし、コンタドールも好きなんだよなぁ……。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/304-1c424993

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫