アンラッキーデイ

 2009-03-17
早出しようと思ってJR中央線に乗ったら、八王子と西八王子との間で人身事故が発生したことにより、途中駅の東小金井で足止めを喰らってしまったことから始まった今日。
最初のお客さんのところに書類を届け、午後一の約束をしていた次のお客さんに向かっていたら、今度は京王線が止まってしまいました。
何でも、強風により飛ばされた布団が架線にひっかかってしまったせいだとか。
まさしく「布団が吹っ飛んだ」状態なわけですが、それで30分弱の運行遅れを生じさせてしまって、布団の持ち主は名乗り出ることができたのかと、余計なことを心配しつつ到着した新宿駅から今度は山手線外回りで上野に向かったら、今度は私の乗った前の電車で具合の悪くなった人が出て、目白駅で再び運行ストップ。
乗る路線、乗る路線でこういうトラブルが起こるとは、これはもう何か今日はついていないとしか言えません。
この流れだと帰りの電車もどうなることやら分からんぞと内心ちょっとびくついていたのですが、さすがにそこまで容赦のないことにはならずに済んだのにはホッとしました。
それにしても、今日訪問した3社とも、約束の時間に送れずに済んだのは、良かったです(昼食は抜いてしまいましたけれど)。
ですから、アンラッキーはアンラッキーなものの、そこまで酷い事にはならなかったという点で、程度としては、「ちょっと」アンラッキーデイ、というところでしょうか。
読みかけの本も、車内ですっかり読み切ることができましたしね。

それに対して全くもって完全なアンラッキーだったのが、私と同じ京王線の電車で足止めをくらっていた法政大学法学部の某学生。
どうやら今日は就活の面設日だったようで、携帯電話から電車が遅延してしまっているから遅れてしまう旨、一生懸命説明してましたけれど、私をはじめ、周囲の社会人は皆「可愛そうだけれどその会社は落ちたな」と、気の毒そうな顔を浮かべてそれを聞いていました。
企業の人事担当者などに確認したわけではありませんけれど、例え電鉄会社の遅延証明を貰って行ったとしても、面接の時間に遅れた学生は、採用されないことが多いんでしょうね、今でもやはり。
「就職協定」や「青田刈り」なんていう言葉も死語となって久しいですが、それは私の就活当時と変わらないのでしょうか。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/268-883d8274

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫