FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 第2シーズン 第16話

 2009-01-25
セルゲイの昔なじみのハーキュリーが起こしたクーデター。
シビリアンコントロールの原則に反してまでも彼が訴えようとしたアロウズの蛮行は、しかし連邦政府の常套手段である情報統制と操作によって、民衆に届きはしません。
むしろ改ざんした映像によってクーデター部隊が一般市民に銃撃を加えている様を流し、攻撃開始に賛成する世論を醸成したアロウズは、MS部隊を投入するのではなくて、もう1機あったメメントモリにより、クーデター部隊のたてこもる低軌道ステーションを一撃する構えのようですね。
キルモードに設定されたオートマトンによる無差別銃撃を目撃した市民が乗っているリニアトレインも、軌道エレベーターの崩落に巻き込むことで口をふさげると考えていそうです。
で、公式発表としては、アロウズの激しい攻撃に、これは耐えられないと思ったクーデター軍側が一般市民もろとも低軌道ステーションを爆破して自決したということにするのではないでしょうか。

一般市民向けの情報操作はそれでいいとしても、問題は軍内部。
アロウズに参加している者の全てが、度重なる強引な作戦を支持しているのかどうか、そういう思想の兵士ばかりを選抜してきているのかといえば、例えばマネキン大佐など、あながちそうとばかりも言い切れないメンバーもいますから。
そのマネキン大佐、さすがに今回のこの作戦は受け入れがたいものを感じるでしょうが、しかし彼女のスタンスからすれば、疑問を抱いたままそのままアロウズに留まっていそうな気も。
マネキンは自身のアロウズ入隊に際して、セルゲイにアロウズ内部の様子を連絡することを約束していましたが、今のアロウズにはセルゲイの息子がいて、しかもそのアンドレイはかなり生硬な思考の持ち主となれば、その一点だけをとっても、マネキンはここでアロウズを離れることはできないでしょう。
九条=スメラギがソレスタル・ビーイングに参加していることに対する憤りも、ありますしね。

そしてミスター・ブシドーの新しい機体マスラオは、ビリーがエイフマン教授の残した理論を発展実用化したというトランザム状態の高機動で、刹那のダブルオーライザーと互角に戦ってみせます。
ただ、さすがにパイロットにかかるGの負担は並ではない模様で、ミスター・ブシドーの口の端からは赤い血の流れが、一筋。
正規の(?)GNドライブを装備したソレスタル・ビーイングのガンダムマイスターは、擬似太陽炉搭載のアロウズ側MSとは違って、どんなに無茶な機動を行おうともGに振り回されている様子は一切ありませんでしたから、おそらく慣性制御でもやっているのでしょう。
どれだけ凄い機関であり理論なんだ、と呆れてしまいますが、そこに突っ込んでも意味がないし、さすがにちょっと虚しいので、やめておきましょう。

世界を変革させようと決意し、戦いの中でのみ自分は生きられるのだと考えていた刹那は、ここにきて次第にその考えを変化させつつあるようです。
自分を変革させる……。
彼がどのように変わろうとしているのか、じっくりと見守りたいと思います。

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200901250003/6f9cf/
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/3070-97445c5f
http://wjham.blog95.fc2.com/tb.php/753-9ce63383
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/tb.php/1445-3e63a265
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51185820
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1258-1b08d920
http://jigo.blog102.fc2.com/tb.php/925-68b2efeb
http://app.blog.livedoor.jp/akbl/tb.cgi/413179
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/247-c1272539

【2009/01/25 18:16】
【2009/01/25 18:29】
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第16話「悲劇への序曲」【MAGI☆の日記】
    機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第16話を見ました。第16話 悲劇への序曲連邦軍内部でクーデターが勃発し、ハーキュリー達が軌道エレベーターが占拠する。「憎んで頂いて構わない。だが、これだけは断言する。我々は連邦市民の利益と安全を守る軍人だ。故に謝った政治。...
【2009/01/25 18:36】
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第16話 「悲劇への序章」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待
【2009/01/25 18:55】
【2009/01/25 19:30】
【2009/01/25 21:49】
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」 感想【新・天の光はすべて星】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-ray]クチコミを見る更新再開と何度も言ってますがなかなか上手くいきませんね。忙しすぎる・・・画像にロゴがあるのは拾い物なので。本編の半分以上が連邦視点だった今回。ハーケンじゃなくてハーキュリーさんだったね。先週
【2009/01/25 22:35】
【2009/01/26 00:55】
【2009/01/26 05:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫