第85回 箱根駅伝

 2009-01-04
今年の箱根駅伝、まさかの東洋大が往路・復路・総合と、完全優勝を成し遂げましたね!
陸上素人ながら、毎年の箱根駅伝TV観戦は家族の年中行事に組み込まれているので、年末から元旦にかけて、今年はどのチームが来るだろうとか、どこのチームの誰の走りは凄かろうなとか、色々と予想だけはしているのですが、今年の東洋大は、正直、ノーマークでした。
エントリーして箱根路を走った10人も、バックアップに回った陸上部員も、全てがこの勝利に貢献しているわけですが、何より5区を走った1年生の柏原の力走に尽きるでしょう。
監督代行の指示を聴かず、序盤から飛ばして入った結果、自分より前を走る全てのランナーを抜き去って芦ノ湖のゴールテープを切った彼なくしては、この結果はなかったはず。
長距離部員が強制わいせつで逮捕されるという不祥事、それによる監督と部長の辞任がありながらも、67回目の出場で初優勝を手にした東洋大を、今は称えたいと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/238-cf48c383

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫