機動戦士ガンダムOO 第2シーズン 第11話

 2008-12-14
ラグランジュ3にあったソレスタル・ビーイングの衛星基地、あんなにスタッフがいたんですね。
そりゃそうか、各種ガンダムの開発や様々な装備の製造、損耗したプトレマイオスの補給整備などなど、それなりの人員がいなければできたものではないでしょうから。
その基地が、リヴァイヴとブリングが先遣りとなったアロウズの部隊の急襲を受け、壊滅。
基地の位置を特定するのに、基地内に送り込まれたアニューの、イノベイター同士の脳量子波の干渉を利用したようです。
前回新登場のアニューがイノベイターであるのはその容姿から明らかでしたし、スパイとしてソレスタル・ビーイングに潜入しているのかと思っていたのですが、しかしアニューの様々な反応を見るに、もしや、実は彼女は自分がそういった役割の存在であることを分かっていない?
王留美経由で送り込まれたアニュー、その過程で記憶操作か、あるいはかなり強力な暗示でもされているのかもしれないですね。
そのままプトレマイオスに乗り込んだアニューが、どこかでリボンズの同志であるイノベイターとしての自分に目覚め、何かしらのアクションを起こすシーンはいつ来るのか。まさか、そういう展開がない、ということは無いと思いますが……。

衛星軌道からメメント・モリの大出力レーザー攻撃を受けたスイールの惨状を描き、その後にアロウズのバラック・ジニン大尉が妻をカタロンのテロ行為で亡くしていることに言及しておいて、今度はアロウズの攻撃で容赦なく非戦闘員が死んで行くソレスタル・ビーイングの基地を映し出す。
イアンの奥さんでミレイナの母であるリンダの生死は、不明という形には一応なっていますけれど、かわいそうではありますが、今回のアロウズの攻撃で亡くなっている方が、ジニン大尉との対比構造が完成します。ドラマとしては、そちらが正解でしょう。
このような悲しさや憎しみを生み出すだけであるのに、何故人は戦うことを止められないのか。
人類という種は生きていく限り戦いを捨てられないのか、それとも世界から一切の戦闘行為を根絶して恒久的な平和を手にすることは可能なのか。
マネキンとスメラギとの思想的対立関係が象徴となっていますよね。
この辺の構造が、『ガンダムOO』という物語を、おそらく最後まで引っ張っていくのでしょう。

そして11話最大のポイントは、沙慈とルイスがお互いの現在の立ち位置を認識したということ。
家族を殺し、片手を奪ったガンダムと共に沙慈がいると気がついたルイス(というより、彼女にすれば沙慈はガンダムのマイスターなのだと思ったかもしれませんが)と、地球で暮らしているものと思っていたルイスがアロウズのパイロットとして戦場で自分とまみえることになってしまったと気がついた沙慈。
敵対関係に引き裂かれた恋人たちは、しかしそれぞれにそれぞれのサイドで「戦う理由」に捕らわれてしまっている以上、今は後に退けない。
この2人が今後「戦わなくてもいい理由」を見出したとしても、それで再び東京で穏やかな日々をおくれるようになるかといえば、そんなことはもうないと思われます。
人の命を奪い奪われる日々を送ってしまった以上、何もなかったように過ごすことなどできないでしょう。

沙慈とルイスがお互いの存在に気付くきっかけを作ったのは、OOガンダム+オーライザーのツインドライブ・システム。
どういう理屈付けを持ってくるか楽しみだったりするのですが、どうやらツイン・ドライブがトランザムを用いて太陽炉を全開運転にすると、一定範囲にいる者達の思考を繋ぐ効果があるようです。
それが戦い合う者達が相互に深く理解し合うこととなり、ひいては停戦に至る、というような理想主義的展開があるかどうかは分かりませんが、間違いなく、今後の大きなカギとなってくる機能でしょう。

その他、今回は、ティエリアがずっと迷っていたリボンズとの会見を仲間達に打ち明けたこと、セルゲイ大佐が無事だったこと、ネーナが王留美から離反するようなセリフを言い出したこと、ライル=ロックオンがアニューに粉をかけていたこと、というところ辺りがポイントでしょうか。

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200812140003/b42b6/
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/tb.php/1316-211d28d4
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/2934-1c7f5448
http://wjham.blog95.fc2.com/tb.php/714-6deb3092
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51161601
http://jigo.blog102.fc2.com/tb.php/846-d36b16e0
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/tb.php/647-01102262
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/tb.php/1317-4463e797
http://app.blog.livedoor.jp/akbl/tb.cgi/282618
http://blog.seesaa.jp/tb/111247589
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/227-692d337a

【2008/12/14 18:37】
【2008/12/14 20:15】
【2008/12/14 20:33】
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第11話「ダブルオーの声」【MAGI☆の日記】
    機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第11話を見ました。第11話 ダブルオーの声アロウズの恐るべき衛星兵器・メメントモリが稼動し、スイール王国を消滅させてしまう。「これがイノベイターのやり方…もうたまんない♪」刹那が駆る“ダブルオーガンダム”の支援機“オーライ...
【2008/12/14 21:50】
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 「ダブルオーの声」 感想【新・天の光はすべて星】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る忙しいので短めに。1クールも終わりに近づいてたところでついにオーライザーが参戦!き~み~は誰とキスを(ryブシドー「もちろんパイロットはこの私、ミスターブシドーだ!」今回はCパートの全裸シーンのイン...
【2008/12/14 23:46】
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第11話 「ダブルオーの声」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る イアン達の手により、ダブルオーの支援機オーライザーの調整が進む中、更なるアロウズの新兵器が稼動する。そのすさまじい威力にアロウズ、そしてリボンズがほくそ笑んでいた。彼らのやり方に激しい憤りを
【2008/12/15 00:09】
【2008/12/15 00:50】
  • 機動戦士ガンダム00 2ndSeason #11『ダブルオーの声』【風庫~カゼクラ~】
    何故か感想が遅れる時には運良くブシドー様の出番も無い。 しかし今回はダメージくらいましたよ、えぇ沙慈の件ですよ。 せっかくセルゲイが無事でホッとしたというのに・・・ あんまりといえばあんまり、当然といえば当然な流れにちょっくら涙目。
【2008/12/15 03:17】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫