喰霊 -零- 第10話

 2008-12-10
普段は毎週採り上げたりしていない『喰霊 -零-』ですが、ちょっと臨時的かつ突発的に感想など。

この第10話の放送で、時間軸が冒頭に戻りました。
第1,2話のショッキングな映像により、最初から崩壊することを予告されていた黄泉と神楽の擬似姉妹関係。
その仲睦まじい様子が描かれれば描かれるだけ、2話の状況になるまでに一体2人の間に何が起きたのかという疑問が高まり、そして互いに刃を向けあった黄泉と神楽の戦いはどのような結末を迎えたのかを知りたいという興味がかきたてられました。
番組の最初に視聴者の度肝を抜いておいてから、そこに至る経緯を語った構成は大成功だったと言っていいのではないでしょうか。
これが完全に時系列に沿って物語が語られていたならば、あるいは私は途中で視聴をやめていたかもしれないですし。

しかしこうなるとますます謎なのが、自衛隊側の超自然災害対策部隊、特戦4課の存在。
そういう部隊が存在することが謎だというのではなくて、なんでわざわざ彼等を主役的に扱い、その全滅を描く第1話を作ったのか疑問だということです。
これから先の話に彼等が一切関わってこないとすれば、第1話は全く無駄な、むしろ邪魔な代物になってしまうのは、わざわざ私が指摘するまでもなく製作サイドでもわかっているでしょうし、第7話で特戦4課のメンバーが一瞬登場したりもしていましたから、今後は彼等も物語に大きく関わってくるのか(生き残っているメンバーがいるとして、ですが)、さもなくとも何らかのフォローはあるものと期待しています。

実は、OPが無くてEDもスタッフロールだけという最初のスタイルがストイックで好きだったので、普通に絵の入ったOPとEDが流れ出した時には、曲の良し悪しは別にして、個人的に軽く失望を覚えたりもしていました。
ですが、どうやらここから先の展開は本格的にハードに迫ってくれそうな予感。
うーん、来週以降が楽しみだ、これは。

http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51158181
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/2914-c50a4de9
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/225-cef8e299

【2008/12/10 03:08】
【2008/12/10 22:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫