FC2ブログ

2020年冬期 終了アニメ 雑感

 2020-04-06
番組改編期には、放送が終わった番組の最終回を視聴した感想を書くことにしているのが、このブログにおけるマイルールの1つ。
ですので今回は、先の3月に放送が終わったアニメについて、簡単な感想を書いていきます。

1) ID:INVADED

最近にしては珍しいくらいに物語に難解性があった作品でしたよね。
それが嫌だという人も、もちろんいたのでしょうけれど、娯楽作品であるアニメはもう少し視聴者に対して分かりやすさを重視すべきという主張にはうなづく部分もあるものの、個人的にこういうタイプの作品は好きです。
クセのあるキャラクターデザインも4話くらい観た辺りで慣れてきましたし。
どこかでまた第1話から観直してみたいかな、と思いました。

2)映像研には手を出すな!

良いアニメでした。
この作品について何かを言うのであれば、それは「友達ではなく仲間」ということに尽きるのではないかという気がします(実際のセリフはこれとは異なりますが)。
作中でこれが出てきた時に震えたという人は、私だけではないはず。
湯浅監督の独特なクセも、この作品には実に合っていたと思いますし、登場するキャラクターが、端役まで含めてみんな魅力的で、実に生き生きとしていました。
原作のストックには若干の問題がありますけれど、是非、第2期を作ってほしいと思います。

3)ちはやふる3

続きを作ってほしいといえば、こちらも同様です。
原作を丁寧にアニメ化していること、全てのキャラクターの魅力が爆発していること等、『映像研~』との共通点も多いですよね。
もちろん、高校の部活モノという枠組みは一緒でも、中身は全然異なっているのですけれど。
原作は今おそらく物語の最終局面に入っているので、半年なり1年なりのスパンを開いて第4期2クール、というのは可能な話では無いかと思います。
こちらは、未アニメ化の原作ストックもしっかり溜まっていますし。
なお、もともと制作する予定は一切なかった第3期が、ファンが熱く待望する声を受けて制作されるに至ったという本作の経緯には、これ以外の作品でも同じようなことができないかな、と思わされます。
例えば、『宇宙兄弟』とか。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2206-0f1fcfde

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫